「発展」

空港からホテルまでのタクシーで、初めて訪れた国の景色を眺めながらする会話と言えば、こんな感じだ。
「思ったより発展してるね」「道がちゃんと補導されてる!」

私たちが今回のスタディーツアーで訪れたのは、東南アジアでも「発展」している方の都市だった。
道路には斜線があるし、ほぼ全てのトイレにきちんとトイレットペーパーがある。整備された道にゴミはほとんど落ちていないし、高層ビルが立ち並ぶ一角もあった。ビルの下から見上げると狭い空が覗いていて、私は「あぁ、日本と同じ空だ。」と思ったのだ。
マック、スタバ、ケンタッキーそして31アイスクリームもある。セブンもファミマも。日本でみた看板がたくさんあった。

発展した国は全部似たようになっていくと思うのは私だけだろうか。同じような高層ビルに、綺麗なトイレに、安くてどこで食べても同じ味のチェーン店。すごくつまらないと私は思ってしまう。

発展途上国では、家も職もなく、先進国では考えられないような原因で死んで行く人たちがいる。そういう人が、安心して暮らせる家と、安定した職を持てるようになる事はもちろん必要だ。けれど、それと先進国のように発展してくことは別物だと思うのだ。
もちろん先進国だからこそ、発展途上国の為に力になれる事はある。だからこそ、発展途上国は先進国を成功例として後を追おうとするし、先進国は発展途上国の発展を口実に、自国のシェアを広げて金を稼ぐいい手段にしているのだ。
こうして「発展」の名の下に、先進国のコピーがどんどんできていく。
こう考えると、果たして「発展」とはいい事なのかと考えている自分がいた。
そもそも、人が人として安心して暮らせる限り、これ以上発展する必要はあるのだろうか。
「あってもなくてもいいけど、あった方が便利」が増えるだけの発展ならば、今後は発展よりも今の技術を何のために使うのかに焦点を当てるべきではないだろうか。

ーーーーーーーーーーー

今回の旅で、私は去年の夏に訪れたインドに何度も思いを馳せていた。全てがごった返しているあの国には、日本や先進国を思い起こさせるものはちっともなかった。発展していないからこそ、その分問題は山積みだけど、インドはインドの色を失わずに生き生きとしていたのだ。だからこそ、私は今後インドがどのように変わっていくのかが楽しみで、あのインド色を失って、先進国のコピーになる姿を絶対に見たくないと思った。

今の私には先進国のコピーにならずに発展した国が、どのようになるのかは分からない。
それでも、この旅でアジア諸国のそれぞれの個性を見てきた私は、コピーではない「発展」がいつかは現実になると確信しているのだ。

【文責:7期 小園杏珠】

広告