「当たり前」は当たらない

あなたは騙された経験があるだろうか

例えば目の前にリンゴがあるとしよう。
ある人はそれはナシだ、という。
それは間違いなくリンゴであるが、もし自分がそれをリンゴだと知らなければそれはナシなんだと信じきってしまうだろう。

「隣のクラスの男子がうちのクラスのA君と喧嘩したらしい」
と聞くのと
「隣のクラスの不良がうちのクラスのA君と喧嘩したらしい」

と聞くのでは感じ方がかわってくるだろう。

また何を当たり前なことを、と思っただろうか。
そんな嘘には騙されないし、不良のほうが悪い奴だと思うのは当然だろう、と。

しかしもし自分にリンゴがこういうものだという概念がなかったら?
もし不良と言われている男子が隣のクラスの人にはただのやんちゃな男子の1人だと思われていたとしたら?

リンゴはナシだと思い込まれるだろうし、ただのやんちゃな男子は不良という言葉によって会ったこともない人に一方的に悪者とされてしまうだろう。
自分が思う「当たり前」は大抵間違っている。物事はそもそも多面的で一方向から見れるものではないのだ。

“イスラーム”

と聞いて皆さんはどういったイメージを思い浮かべるだろうか。
中東?危険?暴力的?テロリズム??

あなたは騙されていないと自信を持って言えるだろうか。

ヨルダン、という国は水に恵まれない乾燥した土地だ。
空は雲一つなく清々しいほどの青空で、太陽だけがこちらを睨みつける。
街並みは緑が少なく砂っぽい、荒涼とした印象を受ける。

しかしそんな印象とは裏腹にヨルダンの街は活気に満ちていた。
街を歩けば出店や金製アクセサリー店、オシャレなバー、アラブ風の美しい洋服の店など様々な店が立ち並ぶ。
街はそれらを求めてやってきた人々と彼らを呼び込もうとする人で一日中ごった返していた。
道を歩けば色んな所から声がかかる
「ニーハオ」
「コンニチハ」
「元気デスカ?」

その時、低くて爆音の、でも不快ではないどこか落ち着く旋律が聞こえてきた。イスラム教のお祈りの時間を知らせるアザーンと呼ばれる肉音放送だ。

それにしばらく聞き入っていると、1人のムスリムが話しかけてきた。
「ヨルダンの街を案内してあげるよ!」

その人はモスクの構造を教えてくれ、礼拝用の香水をつけてくれ、知り合いのお店を周りサービスしてもらい、人気のお店など街中を見せてくれた。
さらに私がアラビア語を勉強したいと言うと従兄弟のお店に行き、そこで私が飽きるまで従兄弟と共にアラビア語を教えてくれた。

何故見ず知らずの日本人にここまでしてくれるのだろうか。
彼の答えはこうだ。
「旅人を見ると助けてあげたくなるんだ」

彼に習ったアラビア語で感謝を述べると彼は満足そうに笑い、去って行った。
ふと後ろを振り返ると彼が近くにいた2人組の旅人に話しかけていたのが見えた。

「ヨルダンの街を案内してあげるよ!」

イスラム教の聖典、クルアーンにはこんな啓示がある

“近親者に、当然与えるべきものは与えなさい。また貧者や旅人にも。だが粗末に浪費してはならない”

そういえばトルコの青年もバイトに遅刻している身にも関わらずモスク巡りをしたいという私をモスクに案内してくれた。
旅人に皆が親切なのもイスラムの教えあってこそかもしれない。

イスラム教は危険な宗教だろうか?
私はそうは思わない。
そろそろ帰国して1月が経つ。アザーンが聞こえないのがまだ少し寂しい

ただ気をつけて欲しい。
あなたも私に騙されているのかもしれないのだから。

2013.10.23

【文責:イベント局2年 池田美欧】

広告