ディストピア

ディストピアとは、ユートピア(理想郷)と対立する仮想の世界観で、現実であり得る最悪の社会のことを示している。僕はディストピアにふさわしい世界が現実に存在していたことを知ったので、それについて書こうと思う。

高い塀で囲まれた広い敷地内には、コンクリートの建物がいくつか建っている。一見すると中学か高校の校舎のようにみえる。ただ異様な点があるとすれば、塀の上とそれぞれの階の窓には有刺鉄線が張り巡らされていることだ。不気味なその建物とは対照的に、中庭にはヤシの木が立ち並び、緑が眩しい。

プノンペンにあるトゥールスレン博物館である。わずか30年ほど前にはS-21収容所としてクメールルージュが残虐の限りを尽くしたその場所は、そのままの姿で残っていた。当時の狂気を伝える博物館として。

建物の中に展示された写真、絵は当時行われていた尋問の様子が描かれている。そのあまりの生々しさに背筋が冷たくなった。空気が重く、息を深く吸い込むことが出来ない。人間にここまで非道な行為ができるのか。

クメールルージュが政権を握っていた四年間で総人口の三分の一が殺された。知識人の多くは新国家建設のための協力者として呼び出され、S-21を始めとする収容所に送られ拷問の末に殺された。文盲や農民、子どもだけが、兵士や看守として教育された。

現在、カンボジアで英語を話す年配者はほとんどいない。知識人の半数以上がポルポト政権時代に殺されたからである。虐殺による国力の低下はカンボジアの発展に大きな弊害となった。貧困が絶えないカンボジアには、ポルポトの爪痕が今も残っているのだ。

意外なことに、若い人たちは自分の国で起きたことを深く知らないのだという。学校で教えることもなく、大人たちもあまり多くを話したがらない。

暗い歴史はどの国にも存在する。ひとつの国を知るには、表面だけでなく、裏に潜む暗い歴史を知る必要がある。カンボジアという国を知るには、虐殺の歴史も知ることが必要なのだ。

カンボジアを象徴するのはアンコールワットのような輝かしい遺跡だけではないのだ。かつてこの国を支配したディストピアを忘れてはならない。

独房の中に入り、外の景色を眺めてみた。鉄格子越しの世界は驚くほど静かで、平和だった。

o0800053313285160199

【文責:7期 久保田徹】

広告

カンボジアの田舎にて

9月5日 プレイクラン村

バスを降りてあたりを見渡す
とんでもなく空が広かった
カメラに景色をおさめようとした けど写真ではきっと半分も伝わらないだろう

自分たちがカンボジアで二日間滞在したこのプレイクラン村は電気•ガス•水道が通っていない本当に田舎にある村
この村で色々なことを感じることができた

そしてとにかく村の人が優しく暖かかった

少し離れた隣の家まで散歩しにいった時のこと
若い男の人たちが仕事をしている横で、おばあちゃんおじいちゃん若い女の人子供たちみんなが沢山、ざっと30人近く集まっていた
とても明るく和やかな雰囲気だった
手招きされ迎い入れてくれ自分たちが座れる席をつくってくれる
見ず知らずの外国から来た自分たち なのに驚くほど歓迎された
なんとご飯まで出てきてお腹がいっぱいになるまでいただいた

なんでこんなに優しくしてくれるんだろう

そこにいた子供たち もちろん言葉が通じない でも肩車したりをしたりボールで遊んだり絵を描いたり すぐに距離は縮まった
言葉がない代わりに普段人と話すより多く表情をみた 全く仲良くなるのに不自由じゃなかった

そんな子供たちを連れて村の中を探検しにいった
たかだか出会って1時間あまりの自分たちが村の子供を連れて遊びにいく
日本では考えられないだろう

しかし村の大人たちはそんなことは気にもとめず笑って手を振った
きっとこの村の人達は子供達の顔を生まれたときから知っている
迷子になってもどこのうちの子か把握しているから心配ないのだろう
また子供たち自身も自分の力で家まできっと帰れる
大人同士が信頼し合いまた子供のことも過小評価せず信頼し合って暮らしている

日本のマンション暮らしでお隣さんとすら深く関わりのない自分には、村のコミュニティーが暖か過ぎた

ーーーーーーーーー

カンボジアの首都プノンペン周辺はとても栄えている
まさにこの瞬間も新しいビルや商業施設が建設されている
街で買えるコカ•コーラもケンタッキーフライドチキンもいつもの味だ

そんな時ふと思った

カンボジアの人々が、アメリカや日本と全く同じ店のファーストフードを食べ、同じメーカーの車に乗り、同じ機能の携帯電話をつかって会話をする

そんな未来が簡単に想像できた

何となく物悲しく思えた

自分はそんな味気ない環境を一番居心地が良いと感じて日本で生活している
実際、カンボジアにきて日本食よりも先にパスタやピザが恋しくなった自分がいた

プレイクラン村に来て、今しか見ることができない暮らしの中で生活できた
普段と真逆の環境で生活で、村の生きたコミュニティーの生活に触れることができた
TwitterもFacebookも使わなくても人同士が深くつながっていた
カンボジアの田舎にきて、もっと自然な人間らしく生きたい、そして今よりもっと日本のことを知りたいと思った

2012.9.27

【文責:1年 奥野寛史】

カンボジアスタツア始動!

3月7日、我々、S.A.L.の男女11名はカンボジアのプノンペンに降り立ちました。

今日からsal.labを中心としたカンボジアスタディツアーが始まりました。
このsal.labとは、カンボジアの教育現場における暗記のみの科学カリキュラムに問題点を置き、
我々による科学実験の実施により、「科学という学問に対して新たな発見や科学の面白さを
カンボジアの子供たちに伝える」という試みです。

とりあえず初めてのブログですので、今後の予定を書いていきたいと思います。

7日 CISEF訪問

8日 くっくま孤児院訪問・科学教室実施
キリングフィールド・トゥールスレン博物館見学

9日~10日 プレイヴェン村にてホームステイ

11日 バサックスラム訪問・科学教室実施

12日 公立小学校訪問・科学教室実施
カンボジアの若者との交流会

13日 シェムリアップへ移動

14日 アンコールワット等見学

このような過密日程ですが、sal.labの成功に向けてメンバー一同頑張っていきたいと思います。

 

2012.3.8

【文責:1年 鈴木康太】