一本の線

あの人の一歩。

この子の一歩。

足跡がつながって【一本の線】になるのはいつになるだろう?

***

首都ダッカ滞在の最終日、現地のNGOエクマットラさんの設立者のひとりである方から、お話をうかがう機会をいただいた。

エクマットラの語源は
エク(一本)+ マットラ(線)

『自国バングラデシュのため、格差に関係なく共有できるものがあるはず』
『裕福な人が見ないふりをしている事実を啓発していくことで、格差を縮めたい。その結果、裕福な人と貧しい人が歩み寄って、【一本の線】を作ることができたら』

そんな願いのこめられた名前だそうだ。

***

アジア最貧国と言われるバングラデシュでも、富裕層はとても裕福でエリートだ。日本やアメリカなどいわゆる先進国を知っている彼らの中には

「バングラデシュは嫌いだ」
バングラデシュの貧困は「恥ずかしい」「自分には関係ない」
と言う人もいる。
アジア最貧国という現状に対して何をしたらよいかわからないのかもしれない。

さて

私は「先進国が途上国に何かしてあげよう」なんてこと考えるよりほかにもできることがあるのではないかと思った。

上から目線の支援やいわゆる「先進国」モデルの押し付けはいらない。
バングラデシュ人の目線に立ち、寄り添い、対話をする中で意識を変えていくことができれば、バングラデシュ人は自分たちの手で国を変えていこうとするだろう。

例えば、エクマットラでは、今日一日の生活費の稼ぎ手として子供が必要だから、学校があっても、通わせたくないと考える親が多いことに目を付けた。
その親たちと話しながらまず啓発を行うことで、少しずつ子供たちへの教育を根付かせようとしているのだ。

このように、時間はかかるだろうが、意識が変わり、行動が変わり、国が変わる。
そんな姿を私は見てみたい。

え?理想論だって?

根拠はある。

それは実際にバングラデシュで触れた人の温かさだったり
物質的な貧しさを補う精神的な強さだったり
もっともっと幸せになりたいという勢いだったり
そしておせっかいなくらいの親切心だったり。

もしこの人たちがひとつの方向を見て【一本の線】を作ろうとしたら・・・
そう考えると楽しみで仕方がない。

***

あの人の一歩。

この子の一歩。

足跡がつながって【一本の線】になるのはいつになるだろう?

とりあえず、私も歩き続けてみよう。
自分にできることを探しながら。

2012.09.17

【文責 五艘志織】

答え

二度目のバングラデシュに来た。

去年の夏、バングラデシュに来てTo2Bagプロジェクト(詳しくはこちらへhttp://to2bag.com/)を立ち上げて半年。

バッグを作ってくださっている工場を再訪して
お客さんがバッグを持っている写真を集めたポスターをフィードバックとして渡したり、
ラーマンさんと今後のことについてお話したり、
工場のひとのニーズなどをリサーチしたりした。

わたしは、工場の社長さんであるラーマンさんに、
働いている人はいま何を必要としているのか、尋ねた。
彼の答えは、とてもシンプルだった。

「仕事です。お金がなくては、彼女たちは生活できません。」

何が幸せなのか、という質問には、こう答えてくれた。

「イスラム教では、食べるもの、着るもの、安心して寝れることころがあって
毎日を生活することができていれば、神に感謝します。それが幸せです。」

たしかにそうかもしれない。

なのに、なぜかわたしはそれ以外の答えがほしかった。
会社やお店を運営しているわけでもない私たちは、
悔しいことに次々に仕事をお願いできる身分でもない。
だから、お金がすべてだと思いたくなかった。

しがない学生がたった1000個のトートバッグを作って売ったことは、
はたして本当に意味があることだったのだろうか。
彼女たちの本当の幸せを叶えてあげられているのだろうか。
いわゆる自己満の「国際協力」になっていないだろうか。

答えを探しに来たはずのバングラデシュで、
わたしはもっと、わからなくなってしまった。

けれど、
学校で遊ぶ子どもたちの笑顔、
ポスターを渡したときの工場のみんなの笑顔、
プリント工場で楽しそうに働く人たちの笑顔、
「またバングラデシュ来てくれてありがとございます」
と言ってくださったラーマンさんの笑顔、
そして日本でバッグを買ってくださったお客さんたちの笑顔
・・・

このプロジェクトをしていなかったら絶対に出会えなかった、
たくさんの笑顔。

これが、答えなのかもしれない。

誰かを幸せにすることは、そんなに簡単ではなくて。

結局、どんなことにも
正解、不正解なんてない。

なにもしないことが
わたしにとって唯一の不正解だった。

帰国したら、バングラデシュで出会った笑顔を
ほくほくのうちに日本のお客さんに届けよう。

2013.3.26

【文責:広報局3年 若尾真実】

最後のパズルピース

ぎゅるるるー…

怪しげな腹の音と、決して発音が良いとは言えないガイドさんの『オキテマスカー』という大声で、今日は始まった。

この日は、バングラスタツアの中で最も重要な日と言っても過言ではない。
バングラデシュについてちょっとでも知識があれば、誰でも聞いたことがあるであろうあのグラミン銀行を訪問した。

もちろん事前にリサーチはしていったわけだが、よくもわるくも驚きの連続であった。

グラミン銀行のマイクロクレジットについて僕が初めて得た知識は新聞のほんの切れ端から得たもので、その第一印象はまさしく『そんなうまい話があるわけない。なにか裏があるに違いない』というかなり否定的なものであった。
担保もとらず、収入のほんのわずかな貧しい女性に銀行が融資することになんのメリットがあるのか意味不明であった。これは社会貢献の仮面に覆われた偽善的利益追求なのであろうなとすらおもった。

しかし、その内実は思いのほかしっかりしていた。

例えば、beggers、所謂物乞いにも生活するために最低限必要なお金を貸す融資システムが存在し、なおかつ彼らに返済の義務は一応はあるにしても、銀行側は返済がなくても催促をせず、法的措置もとらないというのだ。すなわち、返済は完全に物乞い自身のモラル、金銭状況に依存し、グラミン銀行側は法的実行力を行使しないらしい。これは物乞いでなくても然りということだ。

また、実際に融資を受けている村に訪問してみて、感じたことは、一度融資を受けた者がしっかりと長期的に返済できるような基盤が整っているなーということ。

具体的には、融資を受けている者たちが週に一回、村のセンター(正直ただのトタン小屋)で集会を開くのだが、そこの集会にはグラミン銀行の行員が必ず来るようになっているし、返済額はその時の金銭状況によって調節可能で返済はセンターで行えば良いというから、被融資者がグラミン銀行の支部におもむかねばならないのは実質たった一回、最初に手続きをするときのみなのである。

グラミン銀行の基本方針として、You do not have to come to the bank, since the bank will come to you という表現があったが、その通りであった。

最後に、グラミン銀行の提供する救済措置の内容に感心した。
というのも旦那が死んで、未亡人となってしまった女性の返済義務は全くなくなるというのだ。保証人もとらないので、その浮いてしまったお金はそのままグラミン銀行の損失になる。

なぜ、ここまでの救済措置を認めているのだろうか。

行員の人に、『グラミン銀行は営利目的なのか、それとも慈善事業なのか』と聞いてみたところ、
『あくまでビジネスだが、first priorityは利益を最大化することではなく、継続して貧しい人を助けられるだけの収入源を確保すること』という答えが返ってきた。

日本の銀行や世界的に有名な銀行とは、そもそもお金を貸す目的が違うのだなと感じた。

ビジネスと慈善(チャリティ)の画期的かつ見事なバランスに無限の可能性を感じた。それだけではなくこの国には思いやりの気持ちが確かにある。
人間はただの利己的なロボットではないのかもしれない。

人間が資本主義という得体のしれない経済システムを発見し、それに捕らえられてから、長い間ないがしろにされてきた”思いやり”なる最後のパズルピースがここにはあるのかもしれない。

2012.09.12

【文責 田中桂太】

現地の目線で。

バングラデシュに降り立った私は、砂埃の舞うダッカの街中に鳴り響くクラクションのやかましさに良い印象を持てませんでした。

貧しさ。貧しいが故に、余裕がないから自分のことばかり考えて、自分勝手にひたすらクラクションを鳴らして、すきを見つけては前の車両を追い越して。

しかし、よくよく見てみるとそう考えるのは間違っていると気づくのです。彼らがクラクションをよく鳴らすのは、ろくな交通規制のない道で自分はここにいるぞと周りに知らせて事故を防いでいるからです。

リキシャ引きが大声をあげるのも怒っているからではありせん。精一杯に声を張り上げて、乗客の安全を保っているのです。短気そうに見える彼らですが、他のリキシャと競争をするとき、乗客からチップがもらえたときは思わず笑みがこぼれます。

上から目線でいては見えるものも見えません。貧しいからという理由で説明するのはとても失礼なことであり、それがあてはまるのは数えるくらいであると気づきました。

この見方を捨てられないと、いつまでたっても「国際協力」は空虚なものになってしまいます。

***

例えば、児童労働という言葉は私たちにはとても聞こえが悪いですが、ソーシャルビジネスの先駆、ここバングラデシュではどうでしょうか。

今日、フェアトレード会社の縫製工場で和気あいあいと仕事をする子ども達を見ました。彼らの中には元ストリートチルドレンもいます。前の生活に比べると、随分と安定した、かつ充実した生活を送っているといいます。それもそのはず、適切な労働時間と賃金は保障され 、額は仕事が同じなら老若男女で差別されないからです。

確かに、充実した社会保障のもとストリートチルドレンも学校に行けるのが最良です。しかし、上からではない現地の視点があれば、もっと現実的な方策が見つかるはずです。例えば、どうしても働かざるを得ない子どものための青空教室などどうでしょうか。考えれば様々なアイデアが浮かびあがります。

現地の視点を大切にして、残りの時間を過ごしてたくさんのことを学びとります。

2012.09.12

【文責 福園隆成】

人の国。

深夜でもクラクションが鳴り止まない寝苦しい夜を過ごし、朝、ほこりっぽい街に出た。実際に街に出るのはこの旅で初めてだ。

人が、犬が、リキシャが、絶え間なく通っている。
ここはバングラデシュなんだと実感した。

ガイド付きのバスツアーが始まった。スターモスク、ピンクパレス、ショドルガット、シャカリバザール。ガイドブックに載っているような観光地にはすべて行ったが、観光客はオンボロバスに乗った白人一人しか見なかった。

観光地の間のバス移動にやたらと時間がかかる。電車もなく、信号もまともに動いていないこの国はあふれかえる車のせいで常に渋滞している。

リキシャやバスの乗客からは常に好奇の目で見られた。モスクでは修行者に話しかけられ、学校のそばを通れば子供が手を振った。ピンクパレスでもいろんな人に話しかけられた。物乞いの少年は居たが、話しかけられるのはだいたい好奇心からだった。

正直、インドなどに比べればこの国は観光地など無いに等しい。
ただこの国に旅する意味は人と接することだと思う。

これから、まだ先は長い。
素晴らしい出会いを期待したい。

2012.09.06

【文責 下島亮】

Just arrived in Bangladesh!!!

東京は羽田から出発し、バンコクで乗り継ぐこと13時間
僕らはバングラデシュのダッカに降り立った。

気温は東京よりも低いだろうが、湿度が高く空気が体にまとわりつくようで、東京より暑く感じる。

バングラデシュの玄関口、ダッカ空港であるが、飛行機のタラップを降り、税関へ向かう途中、天井が抜けているところがあった。

税関では、入国審査官が業務をそっちのけにして日本語を教えてくれと言ってくる。日本人を相手にする時のために、知っておきたいらしい。

税関の顔つきが突然険しくなった。PCがフリーズしたようだ。税関でPCがフリーズするなんて、聞いたこともない。

飛行機を降りてから入国するまでに、1時間半は要しただろうか。

驚くことばかりだ。

バスに乗りホテルへ向かう。
そこら中をリキシャが走り、人々が容赦なく横断する。信号など存在せず、クラクションが鳴り止まない。

道端には商店が立ち並ぶが、そのすぐ横にはゴミの山が。日本では考えられないことだ。

夜になってもクラクションは鳴り止まず、寝付くのには時間がかかりそう。

バングラデシュに来てからまだ12時間しか経っていないのに、様々な場面で途上国を感じる。

しかし、人々の活気、余裕。ここが最貧国だということを忘れさせてくれる側面も多い。

出国前、「バングラデシュに人生を賭けたい」と言っていた日本人に出会ったが、ここに来ると彼女の気持ちを理解できる。

僕は、この伸びしろの大きい国から何を学び、何を返せるのか。

まずはこの10日間、たくさん吸収してやろう。

2012.09.05

【文責 中島武蔵】

旅のはじまり。

トランジットのタイで、ダッカ行きの飛行機を朝から延々と待っている。

タイの空港はきれいな免税店が並び、広いフロアに冷房がよく効いている。いや効きすぎている。寒い。

ここだけ見ていると発展途上国だとはとても感じられない。

***

国際協力に関わっているとよく目にする「支援」「途上国」という言葉に、私は違和感を抱いていた。

本当にその土地の人のためになっている「支援」なのか、「途上国」とはなにを目指している「途上」なのか。
その土地の人々を支えると言っておきながら、なんだか上から目線の言葉がどこか引っかかるのだ。

そんな中、私が出会ったのが
「ソーシャルビジネス」
だった。

ソーシャルビジネスと一言でいっても、様々な形がある。
基本的には、ビジネスという双方向的なやりとりの中で、何かに困っている当事者の助けになることができ、
ビジネスが起動に乗れば、彼らは独立する力を持つことができる。

この仕掛けは、私の考えていた一方的な「支援」とは違う…
先進国の後を追うだけのような道の「途上」ではなく、新しい道を進む手がかりかもしれない…

引っ掛かりが解けるような気がした。

そんなソーシャルビジネスが発展していることで今注目を集めている、 バングラデシュ に行ってみようと思った。

これがこのスタディーツアーを立ち上げたきっかけだった。

***

今回、バングラデシュスタディーツアーでは、ソーシャルビジネスの発端であるグラミン銀行、そのマイクロファイナンス(貧困層にも借りやすい小口融資)を実施している村、伝統的な農法でビジネスをしている農村、フェアトレードの縫製工場などを見学することになっている。

様々なソーシャルビジネスの形を見て学ぶことで、新しい可能性や、いい面だけでなく悪い面にも気づけたらいいと思う。

そしてそのアウトプットとして、商品企画のプロジェクトを進めてきた。

プロダクトの生産者も購入者もみんなハッピーになれる、そんなバッグを作りたい。手軽に買えるようなものにすることで学生に、商品を通してソーシャルビジネスの考え方を広めたい。

バングラデシュで、私たちはどんなソーシャルビジネスの顔を見られるだろうか。

とても楽しみだ。

2012.09.03

【文責 若尾 真実】