青い街の時間

ジョードプルはのんびりとした街だ。宿の屋上には心地よい風が吹き、日差しが差し込む。路地では子供が無邪気に遊ぶ一方で、大人はぼーっと外を眺めている。そしてこの街を見下ろすように、崖の上一帯にメヘランガール城塞がそびえている。

私たちはこのメヘランガール城塞へ向かうために、宿から続く路地を進んでいた。コンクリートで造られた、中東風の建物によって構成されているこの路地は迷路のように入り組んでいる。写真を撮ってとせがんでくる子供たちの相手をしながら、石畳の坂道を抜けると、城塞のふもとへと辿り着いた。

インド人が50ルピーを払うのを横目に、観光客価格の400ルピーを支払って城塞の中へ入ると、レンガ造りの大きな門が待ち構えている。城塞としての重厚感や、そこに施された装飾はとても美しい。それでもここで最も惹きつけられたものは最上階から眺めるジョードプルの景色だった。城塞の置かれている崖の上にはどこまでも続くような城壁が張り巡らされ、崖の下にはジョードプルの街並みが広がっている。高いところから眺めると改めてジョードプルがブルーシティと呼ばれる理由がわかる。密集した建物の多くが青く塗られ、辺り一面が青く染まっているように見える。青という色は心を落ち着かせるらしく、何時間でもここに居座りたいという気持ちにさせる。

城塞をでると、もう夕暮れの時間になっていた。夕焼けに照らされた城壁に座りながら日が沈むのをゆっくりと眺める。いつの間にか辺りから私たち以外の人は消えている。ふと、こうして夕焼けをじっくりと見る時間というのも久しぶりだなと思う。思えばジョードプルではゆっくりと時間が流れていた気がした。それがこの街の気候によるものなのか、それとも人々によるものなのかはわからない。それでも、この街が好きだということははっきりと言える。

太陽は時間が経つにつれて沈む速度を上げ、青い街のある地平線へと沈んでいった。

 

【文責:9期 中村陸生】

 

青い街の思い出

ブルーシティと呼ばれる街「ジョードプル」。小さな家々が敷き詰められた細い路地を上っていくと、青色の屋根が広がる景色を一望できる。私がこの街で思い出したもの、それはどこか忘れかけていた「真心」だった。

朝、路上のオムレツ屋さんでお腹を満たした私たち。その店主に連れられ、こじんまりしたお店に行き着いた。名前は、マハーラーナー・スパイス。彼のいとこ兄弟が、ティーやスパイスを販売している。おじいさんの代から50年以上続く名店だ。
店に入るや否や、ティーの香りのテイスティングが始まった。ダージリン、ジンジャー、ジャスミン、カシミール、シナモン…。日頃飲んでいる茶、初めて聞いた茶、慣れた手つきで次々とビンが差し出される。心がほっとするような香りが店内を漂い始めた。インドで飲み続けてきた「チャイ」はマサラティーだ。実は、風邪、頭痛、喉の痛みにも効くらしい。
程なくして、今度はカレースパイスのテイスティングが始まった。インドに来てから1週間、毎日食べ続けてきたカレーの多種多様な香りがする。

数分前に出会ったばかりの私たちを「マイフレンド」と呼ぶ4代目店主は、流暢な英語で堂々と商品を紹介していく。まるで演説をする政治家のよう。いや、丁寧にわかりやすく説明してくれる点は、少し異なるだろうか。
それにしても、話し方、立ち振る舞い、表情、彼という存在すべてから商品たちへの愛が伝わってくる。どうしてだろう。目の前のモノを手に入れるということが、愛おしく感じてくる。こんな気持ちは久しぶりだった。
モノの売買は、確かにお金のやり取りだ。しかし、店主の態度からはそれを超える「真心」が溢れ出ていた。店内で過ごした1時間で、店主と私たちの間には、販売員と客の関係以上の繋がりが生まれていた。商品を買ったときに私が抱いた晴れやかな幸福感は、そこから生まれたのだ。幼い頃、母親からもらったわずかな小銭で、大好きなチョコレートを買ったときの気持ちに似ている。

購入したばかりのチャイは、役目を終えたサリーをリメイクした買い物袋に収まった。そして、今度はこの店の店主の兄弟が運営する洋服屋さんへと繰り出すのだった。
淡いコバルトブルー色のサリー袋を見るたびに、ジョードプルで触れた人間の美しい「真心」を思い出すだろう。

【文責:9期 長谷栞里】