ネパール、カトマンズからバンで12時間。見渡す限りの大自然の中、延々と続くボコボコの山道を走り続け不安になってきた頃、やっと村に到着した。

ネパールの山奥、緑に囲まれたこの場所の名前はフワス村。
水道もガスも通ってなかったが、人々が自給自足で暮らし、牛やヤギが行き交い、夜は満点の星空に包まれるこの村には都会の喧騒とはかけ離れたゆったりとした時間が流れていた。

そんな村に2泊したのだが、「ナマステ!」と笑顔で歓迎してくれた心優しい村人達と仲良くなるにはあまり時間も言葉もいらなかった。
やんちゃで無邪気な村の子供達とも沢山遊んで仲良くなり、大好きになった。

ある時、荷物を整理している際に鞄からチョコレートが見え、それを見て欲しがる子供がいたので何も考えずに一つあげた。
すると、その様子を見ていた他の子供達も皆「もう一つ欲しい」「何かちょうだい」と人が変わった様にねだり始めた。さらには人の鞄を勝手に漁るまでになってしまった。
そこにはさっきまでの大自然で無邪気に遊ぶ子供達の姿は無く、僕の目にはもはや餌にたかる動物の様に見えてきて恐怖すら感じた。

そしてこの頃になってやっと僕は自分の犯した事の重大さに気付いた。それまで子供達はフワス村での生活を受け入れて来たのに、たった一つチョコレートをあげたことで物欲を一気に目覚めさせてしまったのだ。
このままでは自分で苦労して生活することに馬鹿馬鹿しくなり、ただただ楽に物を貰おうとするダメな人間になっていってしまうと思った。

これは一個人にだけでなく、もっと大きな視点でも言えると思う。
貧しい国に支援物資を送る活動がよくあるが、単純に完成品を送り続けた場合、貰う側の人間は延々に受け取り続けるだけで自分で働こうとはしないだろう。
そしてどんどん物欲にまみれることでむしろ治安も悪化してしまうかもしれない。
支援するなら完成品では無く作り方や技術を教えなければ本当にその国を救う事にはならないのだろうと感じた。

これらの事は頭では分かってたつもりだったが、実際に体験すると衝撃的だった。
またこの先何が起こるかは分からないが、体験した出来事の奥を考えられるようにしてこれからの旅を続けたい。

2013.09.16
【文責:イベント局1年 大矢駿介】

広告

旅の魅力

スタディツアーの募集が始まる前から
私はインドに行くことを決めていた

中学生のときに紀行モノにはまり読みあさったが
とりわけインドに引き込まれた
活字からでも騒がしいインドの空気が感じられた
衛生面や治安でもちょっとアブナイ所があって、冒険心をくすぐられた
そんな憧れのインドに行くことが決まり、出発前からわくわくしていた

インドに行けば何か価値観が変わるのではないか
そう漠然と期待して乗り込んだ

デリー、ヴァラナシ、アーグラー、プリー、コルカタと見て回ったが、
一番インドらしさを感じられたのはヴァラナシではないだろうか

日の出前からガンジス川で沐浴する人々
ガンジス川のほとりにある、火葬した遺灰を川に流す火葬場
思いがけないところに落ちている牛の糞
クラクションが絶え間なく鳴り響く道路
一番にぎわっているダシャーシュワメード・ロードでは
バックパッカーや日本語をぺらぺら使いこなすインド人など人がごったがえし、
活気にあふれていた
これが私の見たかったインドの姿だ、と思った

インドにはあふれんばかりの人がいる
当然いい人も悪い人もいる
話してみなければわからない
だまされるかも。売りつけられるかも。危ないとこに連れて行かれるかも。
そんな危険を覚悟しながら、内心びくびくしながら、会話する
これが多様な人々、善悪両極端の人間がいるインドならではの魅力だ
そして、インドが好きになるか嫌いになるかの分かれ目だと思う
幸いにして今回は親切な人ばかりにめぐりあえたが、次はわからない

この旅では、たくさんの出会いがあった
インドを旅する日本人のバックパッカーや、インドで働く日本人、
日本に18年間住み日本語が堪能なインド人、
会ったその場でレストランの送り迎えをしてくれたノリの良いインド人
日本語も英語も通じないが、笑顔でコミュニケーションした食堂のおじさん
みな私たちに対して親切にしてくれ、貴重な体験談や興味深い話をしてくれた

もちろんガイドブックに載っている美しい世界遺産にも感動する
でもそのような観光スポットは不変だから、何十年か後にまた訪れればいい

しかし「人」は違う。
同じところに行っても必ず新たな出会いがある
それこそがリュックを背負って街を歩く旅の魅力だと実感した

10日ほど滞在したものの、インドという国がどんな国なのか、正直つかめなかった
あと何回でも行って、五感でディープなインドにひたりたい
新たな出会いも、今回出会った人との再会も楽しみだ

もう私はインドのとりこになった

2013.09.24
【文責:マネジメント局2年 宮川扶美子】

平和

僕はこのスタディツアー中、この言葉を何度も聞いた。

 聞いた場面は様々だ。タイ、ネパール、インドとどこでも耳にした。とりわけネパールではたくさんこの言葉を耳にした。

 ネパールにあるチベット難民キャンプでの話を紹介したい。
 ここではチベットを中国からの独立を目指す人々の話を聞いた。チベット人による独立運動への弾圧、弾圧にともなう中国軍によるチベット人の大量虐殺や人権侵害、またチベット人の抗議自殺。特に難民キャンプの入り口付近にあった、焼身自殺した人々の写真は衝撃的なものだった。
 チベットには軍事力もなければ、財力もない。彼らの資金源は中国からの支援金に頼るのみである。それにも関わらず独立を訴えている。僕たちは疑問を隠せなかった。
 「仮に中国から独立して、財政面はどうするつもりなのか」
 彼らはこう答えるのみだった。
 「平和的な解決しか道はない」
 彼らはいつか中国が変わるのを待ち続けるしかないと言った。彼らはいつか中国がチベットを解放し、かつ資金援助を続けてくれるような平和的な日々を、ただひたすら待っているのだ。
 僕は「平和」とは何なのか、と自問した。僕には彼らの言う「平和」は彼らにとって都合のいい決まり文句にしか聞こえなかった。人と人とが助け合い、みんなが幸せになるそれが平和なのか。そんな世界がいつか訪れるのか。また平和というものは存在するのか。

 スタディツアーに行く前までは、人と人とが助け合い、みんなが幸せな世の中が「平和」なのだと思っていた僕ですが、スタディツアーに行って、現実を突きつけられて、見てからは、何が「平和」なのかわからなくなった。「平和」な世の中なんて実現不可能なんじゃないか。

皆さんはみんながみんな幸せなんてあり得ると思いますか。人の幸せは他人の不幸の上に成り立っているというのに。また平和とは何だと思いますか。

2013.09.27
【文責:広報局1年長谷川大貴】

ふれる空間

こんにちは!
ナマステ!

私たちは、2週間にわたる、インド・バングラデシュをめぐる旅をはじめた。
まず、無事に全員が旅を過ごすことができるように万全をつくそうと思う。

————

●インド

デリー、プシュカル、ジャイプル、バラナシ、コルカタ、という5都市を車、鉄道、飛行機を駆使してまわる予定だ。
貧富の差が大きく、多民族、多言語国家で……

と日本で得られる情報は、本から、人からと、情報はたくさん手に入る。
そこから、いろいろな思いを心に持ち、考え、旅に出る。

しかし、実際に旅に出てみるとなかなかイメージとは違うものだ。
また、旅の環境、めぐる場所によっても、見えるものは様々である。

人とふれる、空気にふれる、まちにふれる、食べ物にふれる……
できる限りたくさんのものを感じてきたい。

●バングラデシュ

今回のスタツアは、To2Bagプロジェクト(HP http://to2bag.com/)のメンバーを中心に参加している。今回は日本で売られている様子や、To2Bagを買った人の反応を、作っている工場にフィードバックすることをメインに行う予定だ。また、工場の現状把握も行う。

私にとっては、工場にはじめてなのでとても楽しみにしている。

————-

わたしは、今、とても貴重な時間を過ごしている。

2週間も海外を旅するとなると、この間、他の物事とは遮断される。
時にはわずらわしいと感じる日常が、この時ばかりは消え失せる。

普段、気にも止めないところにも目が付き、
気にも止めないところに考えるようになる。

私はこの環境に感謝したい。

2013.3.10

【文責 マネジメント局 1年 宇治橋広将】

パシュパティナート

ネパール、パシュパティナート。ネパール最大のヒンドゥー寺院で、観光客が火葬を見学できるところとして有名な場所である。そこで見学した火葬場の様子について書き残したい。

とても濁った川の沿岸に火葬場はある。数人の男たちが白い布で包まれた遺体を運んでくる。遺族らしき真っ白の服を着た人たちによって赤、黄色の粉、花びら、聖水?らしきもの、いろいろなものをふりかけられたそれが、火葬台へと乗せられる。遺体を焼く人が様々な太さと長さの薪をテキパキと組み、徐々に遺体が隠されてゆく。最後に藁がそっとかぶせられ、見える部分は足の先のみとなった。火がつけられブスブスと白い煙が上がり始めた横で遺族が両手で顔を覆って泣いている。とてもつらそうだ。
驚くことにそのすぐ横で楽しそうな笑い声をあげる子ども達がいる。川を泳ぐ孤児たちだ。燃えた後川に流される遺体の遺品を集めて生活しているのだそう。
子供と遺体。
喜びと悲しみ。
生と死。
様々なものが一つの視界のなかに収まって僕は何が何だか分からなくなってしまった。

日本において死について考える機会を持ったことはなかった。日本において死とは悲しく、忌むべきこととして生活から遠ざけられるものだからだ。インドやネパールでは死は身近なものとして日常に存在していた。死について考えても明確な答えは出なかったしそんなものはないのだろう。だがたとえ観光という形であっても死に触れ、考える機会をもつことはきっと必要なのだ。特に日本人には。

体と服にまとわりつくような煙とにおいを回想して僕はそんなことを思ったのだった。

2013.09.27
【文責:渉外局1年 坪井拓斗】

人と人、国と国

インドとネパールといえば国際的にみると従属的な関係であるというイメージがスタツア前からあった。
一般的に隣国同士は犬猿の仲であるという印象がある。例えば日本と韓国は現在非常に険悪なムードにある。
そして、それは国民にも大きく反映され、日本では反韓、韓国では反日の思想がマジョリティになっている。
インドとネパールにも国際的な力関係がそのまま国民に反映されているのではと思い、それをフィールドワークにおいて肌で感じられると期待していた。
結果は想像以上のものであった。

ネパールでは、インドからの蔑視を強く意識しており、インドに対してはマイナスなイメージを抱いている風潮があった。
しかし、一部からは、インドとネパールはある意味で商業的な関係が成立している、だからお互いがもっと尊重すべきだという意見も聞かれた。
ネパールの人々はインドを強く意識する一方、インドの存在が直接彼らの生活に関わるということから、必要不可欠であるという葛藤があるようだった。
一方でインドでは、ネパールについてはほとんどの人が良く知らない、悪い国とは思わない、と曖昧かつ無難な回答しかなかった。
これは、インタビュアーが日本の大学生だから本音を言わなかったという雰囲気ではなく、単に無知であるということが推測された。
つまり、ネパールの人々のインドに対する思いとインドの人々のネパールに対する思いの温度差が激しいのである。
国際規模で考えれば、絶対的優位な国は劣位な国など度外視し、力関係が均衡し、緊張状態にあることを気にしたり、自分たちよりも強力な国の顔色をうかがうばかりであるのではないだろうか。
一方でネパールのような、大国に従属の関係にあるような国は外交においてはその大国ばかりに力を注ぐため、その分細部にまで問題意識が生まれるし、国民の関心も高いのでは、と思う。
これが解決されるためには大国が小国の声に耳を傾けるしかないと思うが、現状、それは難しいとも思った。

今回のスタツアでインド・ネパールの人々とのコミュニケーションを通じて多くの感銘を受けてきたが、人と接することでそのバックにある国というスケールの壮大な部分にまで自分が足を踏み入れているような気がして高揚したことが忘れられない。
この意識をこれからも大事にしていきたい。

2016.09.28
【文責:広報局1年 竹野健太】

旅の目的

「ワタシニホンゴチョットハナセマス!」

インドはコルカタ。人でごったがえす賑やかな通りでそう声をかけられた。

絶対何か企んでる…

そう思った。インドの旅行記を聞けば、騙された、危険な目にあったばかりだったので、インド人=悪い人々…そんなイメージしか持っていなかった。
だが、彼は1人でペラペラと喋りだし、日本で仕事をしていたという他のインド人に電話までかけだした。彼はどうやらそのインド人に会って欲しいらしい。
半ば強引に彼に連れて行かれ、少し奥まった路地に入った。

やばい…何が目的なんだろう…

猛烈に警戒しながらついて行くと、さっき電話の向こうで話していた、日本で仕事をしていたというインド人がいた。
彼は日本に18年間住んでいるらしく本当に日本語が堪能だった。

「本当に何も買わなくてイイから、とにかく私の店に入って!」

何度もそう唆され、私たちは彼のシルクの店に入った。

そういうことか…買わされる…

そして彼はこう話し始めた。
「みなさん、凄く警戒してらっしゃる。それは当たり前ですよね。インドはみんな騙してくるしね。でも、10分でも私の話を聞いたらわかると思います。私は日本にずっと住んでいて今はインドで日本人に会えたから話したいだけなんです。ただそれだけ。

インドは凄く危険でインド人は悪い人々。そう言われます。私はそれがすごく悲しい。確かにインドには騙してくる人が沢山います。けれど全員がそうなのでは決してない。良い人も悪い人もいる、それは日本だって同じ。
それを、インド人=悪い人々と考えて、すべての人を疑って話さずにいては何も進まない。

話してみて、初めて人がわかる。

例えば、日本と中国だって同じこと。国家間の問題があっても個人個人の人との繋がりはそれとは全く関係ない。

話してみなければわからないんです。日本人は全員が悪い人と思って全く話さずに行ってしまうけれど、ほら、こんな風に10分でも話せば少し相手のことがわかるでしょう?」

その後彼はにっこりと笑って、私たちに温かいチャイを出してくれた。

そうして、はじめに予想していたように無理矢理シルクを買わされたりすることもなく、私達はその店を後にした。

これから彼は、このシルク店の収益で日本人が安心して泊まれる日本風のホテルを建てようとしているのだという。

旅の目的は場所ではなく人なのだと思う。
迂闊について行けば騙されるかもしれない。危険な目に会うかもしれない。
だが、それを怖がってばかりいてはおもしろくない。

2013.9.28

【文責:広報局1年 島田夏海】

国際問題

路地を歩いている最中にメンバーの一人が言った

「なんかディズニーランドみたい」

なるほどなと思った
コンニチハコンニチハうるさい客引きも
ところかまわず地べたで寝るおっさんたちも
馬鹿でかい音でクラクションを鳴らしながら走る車もどこか非現実的だ

でも現実に人はそこで暮らしていて、それが彼らにとっての普通なんだと思う
その普通が僕たちにはディズニーランドのように映る
現実味がなくて夢のようだと
だからくつを履いていない子供を見て、手足のない物乞いを見て、

「大変だ」   「助けなきゃ」   「国際問題だ!」 と叫ぶ

確かに彼らの現状は仮にそれが彼らの普通だったとしても深刻だ
食べるものも満足に食べられず生きるために生きていくような生活なんて誰にも送ってほしくない

でも「貧困」という彼らの抱える問題の本質は彼ら自身にあるのだろうか

言い方を変えよう

彼らの生活と僕たちの生活には何の関係もないだろうか

彼らの、僕たちの生活を生活たらしめているのはこの社会の構造そのものではないだろうか
僕たち自身が望んで消費と発展を無限に求める社会のシステムをつくりあげてきたはずだ
そのシステムが地球のどこまでも食い尽くすような消費を生むと気づいていながら
そしてその上で「より良い社会を作ろう」とスローガンを掲げてきた
世界を蝕む消費を続けながら共存を叫んできた

今すぐ財産を放り出して原始に戻ろうと言っているわけじゃない
苦しむ人々を助けることに文句を言っているわけでもない

僕たちにできる一番最初の、一番簡単なことは「考える」ことじゃないだろうか
発展とは何か、なぜ社会は消費し続けるのか、、
どうすれば僕たちの心は満足するか、どうすれば彼らが満足するか

答えが出るかはわからない
というか出ないと思う
すべての人が幸せであるようにという傲慢で支離滅裂な願いがその根底にあるからだ

それでも僕はすべての人が幸せでいてくれたらなと思う
そうすればこんな面倒なことを考えなくてすむし好きなことをして暮らしていける

インドに行ってそんなことを思った

2012.10.12

【文責 田中 昴】

予感

明日からインドへと旅立つ。
人生で2回目のインドだ。

また、インドに呼ばれてしまった。

私はインドが好きだ。
日本にいる時よりもずっと、生きていることを強く感じることができるからだ。

でもそれは自分で気づいたのではない。
インド人に教えてもらったんだ。

いつ死ぬか分からないからこそ、精一杯今を生きる。
本当に当たり前のことなのに、日本にいるときはそれができていなかった。

また、人で溢れ、人とのつながりを強く感じることができるインドが好きだ。
もっというと、インドにいるときの自分が好きだ。

今回の旅でもたくさんの人と出会いたい。
そんな思いで旅を迎えようとしている。

インドにこうやってまた行くことは何かの縁ではないか。

去年の夏のたくさんの出会いも使命だったのではないだろうか。

夏、ボーンフリーアートスクールという子供を自立させるための学校と出会った。
子供達は児童労働や自殺未遂、性的暴力などの過去があり、言ってしまえば「かわいそう」な子供達である。

しかし、一緒に過ごし、日を追うごとに強く感じた。

彼らは、人として強い。
自分とは比べ物にならないくらいに。

人のことをおもいやり、学ぶことに意欲を示し、夢を持っている。
一緒にいると幸せな気持ちにさせてくれる自慢の友達だ。

そんなみんなと出会えたのは素敵な思い出だと思っていた。

しかし、私は日本に帰ってきてなにか引っかかっていた。

日本に帰ってきて自分だけが豊かな生活をしているうしろめたさ。
また、このままみんなと出会ったことが過去になり、
みんなの存在がだんだんと薄れていくことが怖かったのである。

ボーンフリーの子供達だけではなく、インドすべての路上の子供達のためになにかするには、自分がいかに無力で何もできないか思い知らされた。

でも、なにかしたかった。

なにもしないよりかはなにかしたかった。
その気持ちが強かった。

そこで、今回ボーンフリーのこどもたちのドキュメンタリーを撮るといった手段を選んだ。

そしてもっとたくさんの人に児童労働問題の現実を知ってほしい、自慢の友達がいかに強いか、人に影響を与えるか知って欲しい、
もっというと、発展途上国と呼ばれる子供達の心の豊かさを知ってほしい、そんな思いでドキュメンタリーを撮りにいく。

これは支援とか、国際協力といったものではないと思う。

出会ったなにかの使命なのではないか、
なにかの縁でドキュメンタリーを撮りにいくのではないか、そんなことを感じている。

私は頭がおかしいのだろうか。

あの汚い不健康な危ない国、インドに自分が呼ばれていると思うなんて、
あーまた、インドか、
そう思いながらワクワクしているなんて。

そんな思いでバックパックに荷物をつめている。

また多くの人と出会う。
だってそれが旅だから。

そして確信している。
いい旅になる予感がする。

2013.3.8

【文責:イベント局1年 石田桃子】

行ってきます。

「想像出来る」

大学生になって二年。
そんな日々を過ごしていたような気がする。

なんとなく大学生活も馴れてきてアルバイトでお金を稼ぐこともたまに授業を休んでしまうことも覚えてしまったりした。

当たり前のことが当たり前にできることが自然と想像出来てしまっていたのかもしれない。

3月4日から7日間ネパール、11日から10日間インドへ旅立つ。

アジアの最貧国のひとつである ネパール

ヒマラヤで朝日を浴び、ケーブルカー体験し自然を堪能し
チベット難民キャンプ、NGO訪問で国が抱えている諸問題を考え
世界遺産、市内観光でネパールの魅力を知る

多くの人がそのナショナルパワーに魅了される インド

10日間で5都市をまわり、インドを十二分に堪能する
寝台列車や象に乗り移動していく
多文化多民族国家で数多くの宗教が混在するこの国が抱える立場の低い子どもや女性を支援するNGOを二ヶ所訪問する予定

異国での生活はきっと自分に知らない世界を見せてくれるだろう。

何と出逢い、何を見て、何を感じるのだろうか。

いまはまだそれがまったく想像が出来ない。

バックパックには最低限の荷物と期待と不安でいっぱいになってしまった。
旅立ちを応援して背中を押してくれた人の声援も忘れずに背負ってメンバー全員が無事に帰国出来ることを祈り、行ってきます。

【文責 M局 穂積 奈帆】