IMAGINE

「ハロージャパン」とぼくは声をかけられた。いつもなら「ハロー」と返してそのまま歩みを進めるところだけど、ぼくは気まぐれで足を止めてみた。
彼はケバブをすすめてきた。ひとつ5トルコリラだそうだ。
大してお腹は減っていなかったけれど、これまた気まぐれで、ぼくはケバブを食べることにした。
こじんまりとしたテラスの席に、ぼくは腰をおろした。昼下がりの暖かい日差しが、白いテーブルを照らしている。
彼は肉と野菜をとって生地の上にのせる。そして、ソースをかけてぼくに出してくれた。
ケバブを一口頬張ってみる。肉はチキンだろうか。野菜はシャキシャキと音を立てて心地良い。
肝心の味は、そうだな…。一言で表すならば、まずい。

味気が全く感じられなかったのだ。正直、今までの人生で食べたケバブの中で、一番まずかった。

そこでぼくは、もっとソースをかけてくれと彼に頼んだ。
彼は「オーケー」といって、ソースをたっぷりとかけてくれた。そして彼は、新たに椅子をもってきて、ぼくの向かいにドシンと座った。

また一口ケバブを頬張ってみる。味はというと、まずい。ソースに味が全くないことに、そのとき気がついた。
彼は「ケバブの味はどうだい?」とぼくに尋ねる。そのとき、ぼくは返答に困ってしまった(素直にまずいと言ってしまえば良かったがろうか)。
それからしばらく、ぼくは彼と他愛のない会話を楽しんだ。すると、彼の奥さんらしき人が、ぼくと彼の分の紅茶を「これはサービスよ」とにこやかに笑いながら持ってきてくれた。ぼくは「テシェッキュル エデリム(ありがとう)」と彼女にお礼を言った。

ぼくはまた一口ケバブを頬張る。
———うん、ぼくはケバブを諦めて、紅茶を楽しむことにした。
砂糖をいれようと思って、テーブルの上に置いてあったシュガーポットに手を伸ばす。ふたを開けると、そこには角砂糖が一つあるだけだった。

そこでぼくは、その角砂糖を割って二等分しようとした。
すると彼はこう言った。
「なにをしてるんだい?俺はこんなに太っているから、砂糖なんかいらないよ。お前は細いから砂糖をいれな。なんだったら2こでも3こでも何こでも持ってくるよ」。

ぼくは、彼のジェスチャーが面白くて思わず笑ってしまった。そして、ぼくの爪あとがついた角砂糖と、彼が新たに持ってきてくれた角砂糖を一つだけとって、チャポンチャポンと紅茶にいれた。

ぼくは紅茶を一口すすった。トルコの茶葉なのだろうか。芳醇な香りと、なんだか懐かしくて優しい甘さが、ぼくの口の中いっぱいに広がった。

煙草を吸いたくなったぼくは、彼にライターを持っているか尋ねた。
すると彼は言う。「俺は煙草が嫌いなんだ。だからライターなんか持ってないよ。でもあれだ、お前は”my friend”だから、特別にチャッカマンを持ってきてやるよ」と。

彼はチャッカマンにカチッと火をつける。煙草から香ばしい煙がたちのぼる。ぼくはフーッと息をはく。白い煙がトルコの風にあおられて、綺麗な街並みに溶け込んでいく。煙の行方を眺めていたら、遠くにあるブルーモスクが目に入った。

ブルーモスクは、トルコを代表するイスラム教礼拝所だ。
彼もイスラム教徒のようで、どうやら礼拝中はイスラム教徒以外はブルーモスクに入れないらしい。
ブルーモスクに礼拝をしに行くのかと尋ねると、「これから行くんだよ」と彼は答えた。
「お前はなにを信仰しているんだ?」と彼はぼくに問いかける。
「うーん、無宗教かな」ぼくはそう答えた。
そして彼は言う。「トルコ人はイスラム教徒がほとんどだけど、礼拝に行く人はそんなにいないんだ。隣の店の”my friend”なんかは全く行かないしね」って。

なにを信仰するかなんて、ぼくにとっては些細でも、彼にとっては些細でないんだ。

煙草はもう大分短くなっていた。これを吸い終えたら、ブルーモスクに行ってみようか。
いや、やっぱりもう少しここで、風に吹かれていたい。そうだ、この紅茶を飲みほしてからにしよう。

そんなことを考えていたら、「紅茶のおかわりはいるか?」と彼が尋ねてきた。
ぼくはお言葉に甘えることにした。

* * *

イスタンブール旧市街をぶらついていたら、もうすっかり日が暮れてしまった。すると、ブルーモスクの方角から*アザーンが聞こえてきた。どうやら礼拝の時間のようだ。
ぼくはじっと耳をすます。さっきまで一緒にいた、彼に思いをめぐらせて。

彼はイスラム教を大切にしていた。でも、ぼくにとって、イスラム教は大切なものじゃない。
誰かにとって大切なものが、そのまた誰かにとっては、些細なものになる。
そんなことが、ぼくにだってある。あなたにだって、きっとある。

彼は何を信じ、何を糧に生き、何を考え、何を思っているのだろう。例えば、なんでぼくにこんなにも優しくしてくれたのかを、アザーンのメロディーにのせて精一杯想像していたら、なんだか彼とぼくの距離が近くなった気がした。

ぼくはふと、大事なことを忘れていたことに気がついた。
彼の名前を聞いていなかったのだ。ああ、やってしまった。
———”my friend”の名前を聞きに、またいつかここに来よう。
そのときは、あのまずいケバブも一緒に。

*アザーン: 周辺に住むイスラム教徒に礼拝の刻限を知らせ、モスクに集まるよう呼びかけるためにモスクから発せられる、モスクの僧による肉声のこと。

2013.9.21

【文責:2年 堀内慧悟】

広告

「当たり前」は当たらない

あなたは騙された経験があるだろうか

例えば目の前にリンゴがあるとしよう。
ある人はそれはナシだ、という。
それは間違いなくリンゴであるが、もし自分がそれをリンゴだと知らなければそれはナシなんだと信じきってしまうだろう。

「隣のクラスの男子がうちのクラスのA君と喧嘩したらしい」
と聞くのと
「隣のクラスの不良がうちのクラスのA君と喧嘩したらしい」

と聞くのでは感じ方がかわってくるだろう。

また何を当たり前なことを、と思っただろうか。
そんな嘘には騙されないし、不良のほうが悪い奴だと思うのは当然だろう、と。

しかしもし自分にリンゴがこういうものだという概念がなかったら?
もし不良と言われている男子が隣のクラスの人にはただのやんちゃな男子の1人だと思われていたとしたら?

リンゴはナシだと思い込まれるだろうし、ただのやんちゃな男子は不良という言葉によって会ったこともない人に一方的に悪者とされてしまうだろう。
自分が思う「当たり前」は大抵間違っている。物事はそもそも多面的で一方向から見れるものではないのだ。

“イスラーム”

と聞いて皆さんはどういったイメージを思い浮かべるだろうか。
中東?危険?暴力的?テロリズム??

あなたは騙されていないと自信を持って言えるだろうか。

ヨルダン、という国は水に恵まれない乾燥した土地だ。
空は雲一つなく清々しいほどの青空で、太陽だけがこちらを睨みつける。
街並みは緑が少なく砂っぽい、荒涼とした印象を受ける。

しかしそんな印象とは裏腹にヨルダンの街は活気に満ちていた。
街を歩けば出店や金製アクセサリー店、オシャレなバー、アラブ風の美しい洋服の店など様々な店が立ち並ぶ。
街はそれらを求めてやってきた人々と彼らを呼び込もうとする人で一日中ごった返していた。
道を歩けば色んな所から声がかかる
「ニーハオ」
「コンニチハ」
「元気デスカ?」

その時、低くて爆音の、でも不快ではないどこか落ち着く旋律が聞こえてきた。イスラム教のお祈りの時間を知らせるアザーンと呼ばれる肉音放送だ。

それにしばらく聞き入っていると、1人のムスリムが話しかけてきた。
「ヨルダンの街を案内してあげるよ!」

その人はモスクの構造を教えてくれ、礼拝用の香水をつけてくれ、知り合いのお店を周りサービスしてもらい、人気のお店など街中を見せてくれた。
さらに私がアラビア語を勉強したいと言うと従兄弟のお店に行き、そこで私が飽きるまで従兄弟と共にアラビア語を教えてくれた。

何故見ず知らずの日本人にここまでしてくれるのだろうか。
彼の答えはこうだ。
「旅人を見ると助けてあげたくなるんだ」

彼に習ったアラビア語で感謝を述べると彼は満足そうに笑い、去って行った。
ふと後ろを振り返ると彼が近くにいた2人組の旅人に話しかけていたのが見えた。

「ヨルダンの街を案内してあげるよ!」

イスラム教の聖典、クルアーンにはこんな啓示がある

“近親者に、当然与えるべきものは与えなさい。また貧者や旅人にも。だが粗末に浪費してはならない”

そういえばトルコの青年もバイトに遅刻している身にも関わらずモスク巡りをしたいという私をモスクに案内してくれた。
旅人に皆が親切なのもイスラムの教えあってこそかもしれない。

イスラム教は危険な宗教だろうか?
私はそうは思わない。
そろそろ帰国して1月が経つ。アザーンが聞こえないのがまだ少し寂しい

ただ気をつけて欲しい。
あなたも私に騙されているのかもしれないのだから。

2013.10.23

【文責:イベント局2年 池田美欧】