来週の予定

来週の予定。授業・バイト・サークル。

多分、再来週もその次も同じような予定で私のスケジュール帳は埋まっていく。

「自分の家がなくなるかも知れない」
そんな嘘みたいな来週の予定を、すっと話してくれた人がいた。
彼女と出会ったのは、フィリピン・パヤタス。首都マニラからバンで二時間とかからないこの地区は、フィリピン第二のゴミ山が存在することで知られている。「そこで生きている」ただそれだけの事実で、彼らはフィリピン国内の差別対象になってきた。
「パヤタス?どうしてわざわざそんなところにいくの」と、仲良くなったホステルのお兄ちゃんライアンは言った。怒っているのか悲しんでいるのかよく分からない表情。なんと答えたらいいのか分からない自分がいた。

ライアンがそういうのも無理はなかった。
街を歩けば、ゴミ山からの腐卵臭が鼻をつく。裏路地に入れば、皮膚のただれた犬たちがつまらなさそうな上目遣いでこっちを見ている。ゴミと、泥でぬかるんだ足元。何千というハエがせわしなく八の字旋回を繰り返している。

それでも確かに、ここには彼らの生活があった。とてつもなく大きいゴミ山の頂上では、豆粒くらいの黒い人影が2、3動いていた。
スカベンジャーと呼ばれる彼らは、ゴミ拾いで生計をたてている。定職を持たず日銭で命をつなぐ彼らにとって、あの山はいざという時の収入源だった。
健康のことを考えると一刻も早く閉鎖したほうがいい。ゴミ山が差別の一因になっている。そんなこと、痛いほど分かっている。それでも…。
継続か閉鎖か。彼らの心は揺れていた。

彼女の家は、そんな複雑な山の裾野にポツンと佇んでいた。ご近所さんは、先週までに皆、政府による立ち退きにあった。安全のためという建前のもとで、着々とゴミ山の拡大がすすめられているのだという。

家に招き入れてくれた彼女の名前は、ローリー。まだ20代ながら1・5・7歳の子供たちと旦那さんと、ここパヤタスで生きている。少し垂れ目で大きな瞳、ちいさめの八重歯。後ろでひとつにくくった黒髪はつやつやしていた。
彼女は、私がなにを聞いても隠そうとはしなかった。けれどそれと同時に、自分の境遇について絶対に暗い印象を与えようとはしなかった。
それは彼女が「貧しくてかわいそうな人達っていう目線の報道しかされないのが悲しい。ここで何がおきているのか、自分たちの声を届けてほしいのに」。と話したことに通じる姿勢だった。

「この家はあまったセメントをもらってきたり、貯めたお金で材料を買ったりして作ったの。あと、廃材を拾ってくることもあった。二年間かけて旦那さんが少しずつ大きくしたのよ」。と嬉しそうに笑った。
でもあの家はもう、ゴミ山に飲み込まれているかもしれない。

継続と閉鎖に揺れるこの地だけれど、誰しも自分の家を守りたいと願っていた。当たり前の願い。この地ではそれすら矛盾したものに聞こえてしまう。あの山無しでは生きていけないのに、そのせいで家が消えていく。怒りでも悲しみでも、そしてもちろん同情でもない感情がこみ上げた。

あの時ライアンが見せた表情の意味がほんの少し、分かったような気がした。

【文責 広報局2年 松坂くるみ】

覆いかぶされて

坂を駆け上がってみると、雨期を感じさせない青天が広がる。高くそびえるビル群と機械のうごめく港町が見えた。緑が生い茂る中、人ひとりがやっと通れるような細い細い道を通ってきた。

15分ぐらい登っただろうか。
まだ熟れる前の鮮やかな緑色のバナナが見事になっている。向こうの小丘からは女の子が叫んでいた。笑いながら大きな声で
『お菓子ちょうだいよ!』
って言っているみたい。

気がつくと、ひらり、と目の先に黄色い蝶がいる。
くるりと翻って飛んだ方の丘は、ぱっくりとくずれていて、そこにはいくつにも重なりあったゴミの断層面があった。

スモーキーマウンテン。

マニラ市内トンド地区の最終ゴミ処理場。
1954年から1995年までゴミが積まれ続けたこの場所は、言い表すのに『ガレキの山』という言葉では間に合わない。地球がつくりあげた自然の地形そのもののような、そういうスケールだった。

山の周辺にはマンションタイプの質素な住宅施設が立ち並ぶ。2004年から入居開始、2007年には幼稚園も完成し、教育整備も始まっている。

かつて、ゴミの自然発火による煙で常に白く覆われていた山と、ゴミを拾いお金を得て生活をしていた人々のスラムは、今は見えない。

けれど、ゴミは止まらない。

住む人がいる限り、ゴミは出続ける。やむことなく生み出され続ける。
ゴミは、新たな場所に積まれ、新たなゴミ山ができ、同じように新たなスラムができる。また、住む場所を与えられてもやっぱり一部の人は仕事がない。家賃を払うために新たなゴミ山へ通い、ゴミを拾い続ける。

同じようなことの、繰り返し繰り返し。そんな気がした。

ゴミが増え過ぎたから山を閉鎖して、別のところに持って行こう。スラムはよくないから住宅施設を作ろう。そうそう、教育もちゃんとしなきゃ。

やっていることは間違いではないと思う。でも、積まれた問題はそんなに単純なものではない。就職難、雇用不足、廃棄物処理、社会福祉。いくつもの問題が複雑な層のように重なっている。

ゴミ山と周辺の環境は劇的に変化してきた。 山は緑に包まれ、電線が通り、人々が住み、バナナだって実っている。スラム街もほとんど見なくなった。教育だって整備されてきた。

けれど、見てくれのよくなった外見からは、まだはっきりと山積みの問題が露出している。
ちょうど緑に覆われた山で目にした、あの断層面のように。

あの山はただ緑にぬりつぶされただけだ。緑の裏に隠されたゴミは消えてはいない。
積まれた問題だってそうだろう。その場しのぎの解決法でぬりつぶさず、丁寧に問題自体を崩していかなければならないのではないか。

完全に緑で覆いかぶされて、断層面が見えなくなってしまう、その前に。

【文責:6期 臼井 健太】

はじまりのその前に。

明後日8/31~9/14まで、スタディーツアーでフィリピンに行ってきます。

大学生になって、初めての夏。
S.A.Lに入って、初めてのスタディツアー。

どんな旅になるのか、日本にいる今は想像がつきません。

ですが、一つ私の心の中で決めたことがあります。

それは、誰かに任せて素敵な旅を望むのではなく、自分達から自分達にしかできないオリジナルの旅を創ろう、ということ。

私がこの夏、フィリピンにいくことになったきっかけは、友達との何気無い会話から始まりました。

「フィリピンって、日本よりも暑いの?」

そこから、自然とフィリピンについてのリサーチが始まりました。

カトリックの信者が多いということ。
識字率は95.6パーセントだということ。
全部で7000ほどの島から成り立っているということ。
フライトは日本から4時間と意外と短いということ。
そして、一年の平均気温は26.7℃だということも。

勉強会を通じて、フィリピンの様々な面を知っていきました。

ですが、実際にフィリピンという国に行くことの本当の意味は、行った人にしかわからない、そして色々なフィルターを通していない、生のフィリピンを自分達の目で見てくることにあると思います。

その多くの景色を自分達の目に焼き付け、無事に日本に帰ってこれますように。

そう考えながら、今日お参りに行ってきました。

一つでも多くのことを自分達からすすんで学べることを願って、気を引き締めて明後日から旅立とうと思います。

いってきます!

【文責:1年 國分真里奈】