ウガンダの犬

アフリカの内陸に位置する
通称「パール オブ アフリカ」、ウガンダ
つまり「アフリカの真珠」

それだけ緑が豊富で、そして同時に自然と動物が猛威をふるっていた地

入国する前の予防接種を僕は何回も打ちに行った。
「黄熱病」「狂犬病」「破傷風」・・・推奨される種類は多い。

現にウガンダの街へ繰り出してみると
鶏やヤギ、牛、サル、ネズミ、野良犬、野良猫・・・
なるほど確かに感染の可能性は高かった。

そんな遠い彼方の一国で、一匹の子犬に出会った。
そこらの町の野良犬が二匹、交尾をして生まれた子犬だった
日本でならまず、野良犬を見かける機会は圧倒的にウガンダより少ないし、
さらに「野良」犬なんかには触りたくないという人がほとんどを占めるだろう。

そんな野良の子犬を僕は「かわいい」の気持ちで見ていた
万国で犬は愛され、かわいいと思われる動物なのだと
僕はその一瞬まで、この20年、生きてきた

しかし違った

いきなり近所の子供たちが石を投げ、耳を引っ張った
生まれて間もない(おそらく)子犬を。

僕は圧倒的なカルチャーショックと、やり場のない悲しみを覚えて
子供たちに叫び、やめさせた。

その時に子犬を抱きかかえ、命の大切さ(と言ったらおおげさだけど)を
説く事ができたらどんなによかっただろう。

僕の頭に”狂「犬」病”が浮かんだ。

子犬に触ることすらできなかった
子供たちにやめさせた、ただそれだけだった。

病を患う自分を恐れて、別の命に触る事もできずに
一体何が「命の大切さを説く」だろうか

後々聞いた話だと、ウガンダではどうやら犬は嫌われ者らしい。
理由は聞く事はかなわなかったが、
嫌いだからという感情のワケで粗末にしていい命はない

僕は日本の実家に犬を一匹飼っている
それが僕に大きい感情の起伏を起こさせた理由だった
自分の犬にあのウガンダの子犬がかさなったらしかった

そのため犬には特別な感情が僕にはある
他の鶏や牛、ヤギは「食べる」という目的のもとで飼育や放牧がされている
それに対してウガンダの犬は違う。
あの瞬間はただの子供たちの憂さ晴らしの的でしかなかった

僕にはその現実が悲しくてたまらなくて
でもどうする事もできなくて

ただその犬の写真と動画を撮影することしかできなかった

幾分暗い文面になってしまった
僕は生涯あの、人間に脅えきった犬の顔を忘れることはないだろう
学生団体S.A.L. Official blog

2013.9.18

【文責:広報局二年 斉藤裕太】

広告

アフリカの、小さなリーダーたち

私が訪れたのは東アフリカの内陸国、ウガンダ。
アフリカと聞くとどうしても思い浮かべてしまうのは、貧困や少年兵、エイズといった問題であり、アフリカは富める国の人々が援助の手を差し伸べてあげなければならない、というイメージ。

そのようなイメージをいとも簡単に払拭したのは、ウガンダ人のティーンエイジャーやその家族と一緒に食事し、歌い、眠り、短い間ではあるが、彼らと生活を共にした時間だった。

今回のスタツアではあしなが育英会さんのASHINAGA Ugandaに大変お世話になった。この施設で学ぶ子どもたちの多くは親を亡くし、親戚に引き取られ育てられている。私たちは彼らとキャンプに参加し、4日間ともに過ごした。

キャンプ中、参加者が自らの境遇を語り合うシェアリングタイムが設けられていた。その内容は親を亡くしたこと、学費を払えなくて学校をやめざるを得なかったこと、あしながの活動によって再び学ぶ機会を得られるようになったこと等々・・。話している最中に泣き出してしまう子もおり、とてもいたたまれない気持ちになった。私は両親ともに健在、学費も生活費もすべて面倒をみてくれる。参加者のティーンエイジャーたちも私があしながのスタッフではなく、単なるビジター(visitor)であることをもう知っている・・。そう思うと急に自分が単なる傍観者であるような気がしてきた。

しかし彼らは人懐こい笑顔で私に接してくれる。国や生まれついた境遇の違いを超えて、私を友達として、時には家族の一員のように受け入れてくれる。そんな彼らの態度に、いつしか私の気持ちも解きほぐされていった。

思えば、ここにくる前は私にとってアフリカ人は、ウガンダ人は、具体的な人格も名前も持たない不特定の人々であった。でも今は、少なくとも何人かについては彼らの過去、考え方、未来への展望を知っている。彼らそれぞれの人生には物語があり、私のそれと同じように日々更新されていっているということを、実感をもって認識することが出来る。このことが実際に現地に行ってみないと分からない、旅の醍醐味というものだろう。

シェアリングタイムのとき、19歳のウガンダ人のグループリーダーがこう話していた。
「僕たち一人一人が次の世代のウガンダのリーダーになるんだ。自分の経験を活かして、この国をいい方向へ変えていこう」

この言葉にはっとさせられた。ウガンダでは確実に、頼もしいリーダーたちが育っている。必要なのは単なる援助ではなくて、困難に立ち向かい、状況を打開することの出来る人材を育てることだと。

2013.9.19
【文責 柿沼英理子】

未知から既知へ

アフリカは私にとって未知だった。
ただ、メディアを通して、勝手にこうイメージしていた。飢えてる人が多くて物乞いが多いんだろうって。

だから、ウガンダに足を踏み入れた時、驚いた。
物乞いをする人々がほぼいない。

道を歩けば「ムズングー(外人)」と言って、子供達が手を振ってくる。そんな子供達のお腹は丸く膨らんでいた。”money”という言葉を知らないのだろうか。

ホームステイでお世話になったウガンダ人が暮らしているのは、コンクリートで作られた長屋。外観は決して裕福ではない人の家。

10畳ほどの部屋にベッド一つを置き、家族6人で生活している。
料理には七輪を使う。2歳くらいの子はパンツを履いていない。土足厳禁の部屋を歩くだけで足の裏が汚れる。地域の人と共同のトイレにはゴキブリが何匹もいる。

正直日本では考えられないほどの環境だが、意外と何の抵抗もなく、暮らすことができた。
それは、家族がこの生活を嘆いているように見えなかったからかもしれない。というより、むしろ楽しんでいるように見えた。笑顔が眩しかった。

私のちっぽけな世界で作ったイメージや価値観なんて、あっという間に崩れる。
だが、それは実際に少しでも触れ合ってみたからこそ。

自分に世界を変えることが出来るほどの力があるなんて微塵も思っていない。だが、放棄することは許されないと思っている。
アフリカが、ウガンダが未知ではなくなったのだから。イメージや価値観を崩してもらったのだから。

ウガンダを含め、今日アフリカは中国から大きな支援を受けている。
首都のカンパラは刻一刻と姿を変え、10年後には全く違う姿を見せるだろうと聞いた。

10年後のウガンダはどのような姿なのか。それを決めるのはウガンダ人。そして、それに対してどう関わっていくのか、あるいは関わらないのか、それを決めるのは私自身。

スタディーツアーで持ち帰った様々な物の消化作業を、私はこれからじっくり行っていくこととする。

2013.9.20
【文責 豊岡真由香】

ウガンダの家族

私たちはアフリカではなく、「ウガンダにいきます!」といって日本を出発しま
した。

 

今回は私にとって2回目のアフリカ滞在でした。
1回目のアフリカは高校3年の夏にいった南アフリカです。
テレビでアフリカの人々の暮らしについての特集が放送されていて、
「アフリカってどんな国なんだろう?行ってみたい!」と思ったのがきっかけでした。
実際に行っていろんなアフリカ人と話をして思ったことは、アフリカの人々はとても人懐っこく笑顔が素
敵だということです。貧しくても幸せそうでした。
私は南アフリカに滞在したことで、そんなアフリカの人々が大好きになりました。

 

今年S.A.L.に入って、アフリカに行けるらと聞いた時はとても嬉しかったです。

「またアフリカ人に会えるんだ」という喜びで心がいっぱいになりました。
今回のスタツアは、ウガンダという国を知ることを目的としていて、
出発前にはメンバーで集まって勉強会を通じた情報交換を繰り返し、念入りに準備をしました。
私は2回目のアフリカということもあり、頭の中で実際のスタツアはこのようなものであろう

とだいたいのイメージをしていました。

 

ウガンダに16日間滞在。
南アフリカの時とほとんど同じ日数です。
実際にウガンダに着いてみると、私がイメージしていたことと幾つか異なる点がありました。
一つ目は、ウガンダの人々の住まいです。
南アフリカの場合、貧しい人々の家はもちろんありますが富裕層の人の家も沢山
見られました。

一方でウガンダでは、貧しい人の家の数が多くの割合を占めていたのです。
同じアフリカの国々でもやはり差があるのだと、改めて思いました。
二つ目は、ウガンダの人々の心の温かさです。

南アフリカの人々は人懐っこいのに対して、

ウガンダ人は少しシャイだけど心がとても温かかったです。
スタツアメンバーは一人一家庭でホームステイをしました。
私のホームステイ先は女の子三人・男の子一人・母親一人の家族で、
貧しくて電気や水道もないのに、私を常に優先して沢山の食事を与えてくれました。
農業、建築(近所で建設作業が行われていた)、掃除、水汲み、洗濯、ご飯作り、買い物、、、

いろんな経験もさせてくれました。

そして、私が作業している姿を私のカメラで写真を撮ってくれたのです。

「あなたがここに来たという証拠になるわ。

日本にいる家族や友達にウガンダの生活をみせてあげなさい。」と。

最初はカメラを渡したら盗られてしまうのではないかと思っていたのですが、そんなことありませんでした。

道を歩けばウガンダ人は知らない人にだって挨拶をします。

こんにちはではなく、元気?と。

ウガンダ人ってなんて温かい人達なんだ、ありがとう本当にありがとう。そう思いました。

 

ウガンダ人の貧しい暮らしと温かい心。

私はこの二つのことから思ったことがあります。

まず、私はアフリカの国々を「アフリカ」という一つのものとして捉えていたことです。

南アフリカとウガンダのたった二国の比較をしましたが異なる点は沢山ありました。

同じアフリカの国でもそれぞれ違います。

当たり前のことかもしれませんが、アフリカの国々について考えた時に全て同じようなイメージを浮かべてしまう人は多いのではないかと思います。

もう一つは、私の見たウガンダの人々の暮らしを本当の姿と思ってはいけないという事です。

私はウガンダ人と生活を共にしましたが、私には言えないような家庭の事情があったと思います。

ホストファミリーが苦しんでいる姿を私は一度も見ていません。

だから、ウガンダ人の笑顔が素敵で幸せそうだという考えだけにはとどまってはいけないと思いました。

しかし、たった数日間の滞在だけでは彼らを知ることはできませんでした。

もっと彼らのことが知りたかったです。

 

願いが叶うのなら、またウガンダに行きたい。

ウガンダにいる私の家族に会いたい。

 

滞在中はあまりにも役立たずだったので、少し成長してから

Nalwoga Mana Nedira Manbaとしてウガンダにまた行きたいです!

(↑ホームステイ先でもらった私のウガンダネーム)

 

2013.10.05

 

【文責 相原愛】