お前、今幸せ?

「プルクナルカン(はじめまして。) ナマ サヤ ソウスケ(私の名前はそうすけです。)」
「ショウス…?」
「ソ•ウ•ス•ケ!」
「サウスケ!」

バリ島でのホームステイ先の家族との初対面のとき。

暗記したばかりのインドネシア語の自己紹介を口にする。

彼らは英語も日本語も分からない。

言葉が全く通じないことなんて初めて。

ちゃんと生きていけるのか、不安で押しつぶされそうになる。

一日たった今でも、私は”ソウスケ”ではなく”サウス”と呼ばれている…。

19歳になったばかりの夏。

出発前日までしっかり入れていたバイトをこなし、私は初めてのスタディーツアーへやって来た。

漠然と、大学生になったら海外に旅に出たいとずっと思っていた。

やっとその希望が叶う。

羽田からトランジットを含めて10時間。

降り立った先はインドネシアのバリ。

バリの片田舎にある小さな村での人生初のホームステイが始まった。

村に到着し、広場で自己紹介を終えてホームステイ先の家へ向かう。

行き着いた先に見えたものは、日本では考えられないような簡単な造りの建物。

とんでもないところに来てしまった。

これが私の第一印象。

果たして無事に生きて日本へ帰れるのか。

不安だけがつのる。

部屋に案内され、荷物を置く。

バリ語かインドネシア語で何か話しかけられたが、さっぱり分からない。

どうしよう…。

おぼつかない顔をしていると、ステイ先のお母さんがお皿とスプーンを持って来た。

そこでやっと、ご飯のことを言っていたのだと気づき、一安心。

初めて見る料理の数々。

どうやって食べるのかすら分からない。

おかずとお米を別々に食べ始めると、お母さんは不思議そうな顔をして私を見つめてきた。

やがて、私のスプーンを使って全てのおかずをご飯にかけ始めた。

どうやら食べ方が違っていたようだ。

フルーツに出てきた、いたって普通のスイカを見てとてつもなく安心したのを覚えている。

ご飯を食べ終え、トイレの場所をお母さんに聞いたら連れてってくれた。

部屋から一度外に出て、吠える犬を通り越し、少し歩いたところにそれはあった。

今までの18年間の人生で使った中で最も汚いと断言できるトイレ。

電気もない。

外から漏れる微かな光を頼りにトイレをすませる。

本当に大変なところに来てしまった。

自分がこんな生活をするとは夢にも思わなかった。

日本とは比べものにならないほどの生活環境の悪さに唖然とした。

未だにこんな暮らしをしている人たちがいる。

今まで自分が体験してきたものとの違いの大きさに驚きを隠せない。

彼らは先進国の生活を知っているのだろうか。

頑丈な家、屋内にあるウォシュレット付きのトイレ、蛇口をひねるとお湯が出てくるシャワー。

もし知っているのなら、どう思っているのだろうか。

羨ましい?それとも今の生活環境に満足している?

先進国日本で18年間生きてきた私には、彼らの気持ちは理解できないのかもしれない。

翌朝、5時に起こされる。

なんとかお風呂に入りたい意思を伝えると、外にある水浴び場に連れて行ってくれた。

バスタブはもちろんのこと、シャワーも無い。

お湯も出ない。

まだ気温の低い早朝5時に冷たい水を浴びる。

寒い。

辛い。

再び思う、彼らは本当に今の生活に満足しているのかと。

日本で育った私にはとても辛かった。

水浴びを終え、朝ご飯を食べる。

昨日の夜学んだ通り、全てのおかずを米にのせて食べる。

家の人には何も言われない。

どうやら食べ方はこれで合ってるらしい。

食べ方が分かっただけなのに、ものすごく嬉しい。

言葉が分からなくても、何か心が通じたみたい。

ご飯を食べたあと、テラスに座りながらみんなでコーヒーを飲む。

やはり言葉は通じない。

意思疎通ができない。

それでも家族みんなが笑顔でコーヒーを飲む。

前日の不安な気持ちがだんだん薄らいでくる。

こんなに貧しい暮らしをしているのに、彼らはなぜこんなに笑顔なのか。

先進国日本に住む人たちよりもずっと笑っている。

私は勝手に、途上国の人たちはもっと笑顔が少ないと想像していた。

でもどうやらその考えは間違っていたようだ。

むしろ、日本で暮らす人たちよりも幸せそうに笑っているように見える。

物質的には圧倒的に日本の方が豊かだが、精神的な豊かさはこっちの方が上なのではないか。

彼らは今の生活に十分満足しているのかもしれない。

途上国に支援活動を行うのは、先進国に生きる私たちの完全なるエゴイズムなのではないかと思わずにはいられなかった。

途上国に住む彼らには、彼らなりの幸せがあって、私たち先進国の人間の価値観をあてはめる必要はないのではないか。

だとしたら、彼らに今のままの生活を続けてもらうことが、彼らにとって最も幸せなことなのではないか。

貧しくても幸せそうに生きるインドネシアの人々に、私は強い興味を持った。

残りのスタツア期間中には、彼らの笑顔の秘密を探って来ようと思う。

そうしたら、幸せの正体が少しは分かるようになるのかもしれない。

2013.09.19

【文責 中村颯介】

広告

テリマカシー

気がついたらプンゲラゴアン村でのホームステイも残すところあと2日になっていた

初めての海外。その行き先がインドネシア

あるものは不安だけだった。お腹をこわすんじゃないか、何かなくすのではないか、ホストファミリーとは仲良くなれるか…

そんな不安を抱えながら、バスに揺られること3時間。

村の集会所で私を出迎えてくれたのは、満面の笑みのおじいちゃん。

おじいちゃんに連れられて家に向かうと、そこではおばあちゃんがおいしい夕ご飯と共に私を迎えてくれた。

インドネシア語をまったく勉強せずに来てしまったため、会話はぜんぜんスムーズにいかない。

それでも、英語とジェスチャーを交えながら、おたがいに一所懸命コミュニケーションをとり、会話はつまっても、食卓にはずっとあたたかい笑顔があった。

道を歩いていると、後ろからクラクションが鳴る。

驚いて道路脇に寄ると、バイクに乗りながらみんな笑顔で手を振り、声をかけてくれる。

“hello”

鳴らされたクラクションは、日本とはちがう意味をもっていたらしい。

村の人たちはみんな、私たちを見かけるたび声をかけてくれる。
インドネシア語、英語、時には日本語で。

“mau ke mana?”
“how are you?”
“こんにちは”

みじかいあいさつから会話がはずむ。
最初は大きく感じていた言葉の壁も、実際に顔を合わせて話してみれば、そんなものの存在はもう感じられない。

バリ語しかしゃべれない少女。
英語が話せない少年。

言葉は通じなくとも、たくさんの友達と、かけがえのない家族ができた。

あと2日。最初は長く感じていたホームステイ。
今はもう2日しかないのかとさみしくなる

あと少ししかいられない人たちと、残りの時間をできるだけいっしょにすごしたい。

多くの出会いと、彼らの優しさに感謝して

terima kasih

2013.09.22

【文責 寺崎珠羽】

コミュニケーションの

スタツア。

SALに所属してからずっと聞き続けていた言葉。

大きな希望と不安。

わたしは人生初のスタツアの場所をインドネシアにした。

理由は特になかった。

なんとなく、それだけで決めたインドネシア。

行く前日。

自分の中でのスタツアでの具体的な目標が定まらないまま飛行機に乗る。

マレーシアでのトランジットを含めて10時間のフライト。

そしてそのまますぐにバリ島の農村へ。

腰が痛い。眠い。疲れた。

この言葉の繰り返し。

スタツアってこんなん?

わたしのスタツア大丈夫?

それよりホームステイってどんなん?

わたしの疑問で、こころが不安で溢れかえる。

村につくと、

たくさんの子供とたくさんの大人がわたしたちを迎えてくれた。

「こんばんわ」

わたしたちのために覚えてくれたと思われる言葉があちこちから聞こえる。

そしてホームステイ先の方々とのご対面。

一人一人名前が呼ばれて握手を交わす。

わたしと相方の番がきた。

満面の笑みを浮かべて握手を求めるおじいさん。

ほっとしたのもつかの間。

英語が通じない。日本語ももちろん通じない。

とりあえず笑う。

笑顔は世界共通なコミュニケーションツールだ。

おじいさんのバイクの後ろに乗せられ、暗い夜道を走る。

街頭もなく、暗くて狭い道をグイングインすすんでいく。

これから5日間のホームステイにすこし不安を感じる。

お家につくと笑顔でおばあさんが迎えでてくれた。

通じる言葉「孫」

「マゴ セブン」

孫が七人いる、という意味らしい。

一生懸命に話してくれる彼女をみていると、

言葉の壁なんてどうでもよくなって

一生懸命わたしも会話に混ざろうとした。

理解できてるのか、通じてるのかわからないけれど

とりあえず笑う。

笑うだけで楽しくなる。

通じ合えた気がした。

パドゥとマドゥ。

わたしのホームステイ先の家の家族。

マンディーという水風呂

初めて食べる料理の数々

生水を飲めない環境

多くのことが初体験。

けれど、彼らのおかげで、

ホームステイの言葉の壁、

文化の違い不安や恐怖心

すべてを忘れることができた。

言葉が、通じなくても通じても笑ってくれる彼らにわたしは忘れかけていた笑顔の大切さを感じた。

インドネシアの農村には笑顔が溢れている。

すれ違う度に、笑顔で「Hi」

目が合う度に、笑顔で「Hi」

忙しい日本での生活の中で、わたしたちはどれだけ人に対して冷酷な態度をとってきただろうか。

インドネシアスタディーツアー2日目にして学んだこと。

笑顔のすばらしさ。

日本での生活の中で忘れかけていたものを思い出させてくれた。

スタツアとはなんだろう。

未だによくわからないけれど

人の温かさや笑顔の素晴らしさを感じさせてくれる、

それだけでスタツアと言えるのではないだろうか。

なんとなく、それだけで決めたインドネシア。

ここではまだまだ学ぶことがありそうだ。

旅はまだまだ終わらない。

2013.09.22
【文責 越村麻里】

歴史の大切さ

バリ島の村でのホームステイ3日目

まるで、アニメに出てきそうなほどの鶏の鳴き声で、無理やりたたき起こされる。
まだ、外は真っ暗。星が見えるような時間帯だ。
けれど、これがここでは当たり前。
バリの観光地から遠く離れたこのブンケラゴアン村での朝はいつも早いのだ。

 

眠気の残る体で起き上がり、部屋を出ると、おじさんがにっこりと微笑んでパギ(おはよう)と声をかけてきた。

パギ!と僕が返事をすると、彼は手に持った鎌を僕に差し出す。

「じゃあ、やるぞ!」

僕のホームステイは、アルバイトみたいな日々だ。

朝5時から牛の餌やりのための芝刈り。「あと、少し。あと、少し」と言って、30分以上これが続く。おじさんは楽しそうにやっているけれど、僕は腰痛との戦いに汗が止まらない。

 
もう、だめだ。

 

 
耐え切れず、腰を伸ばして大きく伸びをする。空を見上げると、日の出前のうっすらと明るい空に、日本よりもずっと明るい星々が瞬いている。

 

 

少しだけ、疲れを忘れたような気がした。
よーし。あと、少し。あと、少し。

 

 

こうして、僕のホームステイ先の家。オカさん一家の日常は始まる。

 

オカさんの日々は、牛と常に一緒。一日のほとんどを牛のために費やしているようで、もはや、家族以上に大切に扱っているように思える。牛の方も言葉が通じているみたいにオカさんの言うことは素直に聞き入れる。

 

けれど、こうして牛と触れ合うことも初めての自分にとっては、その仕事のほとんどが牛との格闘だ。

 

牛の水やりだってそう。モー・モーとのんきな声を出しておきながら僕が手綱を持つと突然目つきが変わる。戦闘モードのスイッチが入る。

「オマエのいいなりになってたまるか」みたいな仕草をし、全力で暴れ、逃げる。リードを引き戻そうとするが誰が牛に勝てるだろうか?

いや、誰も勝てない。肩が抜ける勢いで引き離された。

オカさんは僕を見てニヤニヤしながら「No Problem!!」。長年の信頼関係が見えた瞬間だった。少し羨ましかった。

 

夜はオカさん甥の結婚式の準備だ。普段の日常とは違う、でも大切な仕事だ。微力ながら家の仕事を手伝ったためか、家族の一員として準備に紹介してくれた。昨日の夜を含めて今日で2回目。

 

甥の家に行くのはすごく楽しい。まず英語が通じる。安心感が半端ない(笑)。それに同世代の仲間がいて話す相手がいる。それが一番うれしい。

 

同世代の子の中の名前はプトゥ。15歳で将来の夢は体育教師。甥子さんの弟だ。今は地元の高校に通っている。それに今日はオカさんの息子、アルボルがバリの中心部から祝うために仕事を休んで帰ってきた。

他にも親戚の男がたくさん。

 

今日は賑やかだ。男祭りだ。

 

バリの男はたくましい。同じ同世代で同じ人間とは思えない。高校時代、アメリカンフットボール部で鍛えた体も全然冴えない。日本に帰ったら筋トレしよう(笑)。

 

男たちの会話はどこに行ってもくだらない。下ネタ、下ネタ、くだらない冗談、下ネタ…そんなもんだ。昨日はそれで終わった。それだけでもただただ楽しい。それだけの会話でもう通じ合えたと思った。

 

今日は、バリの酒を交えながら談笑。バリは18歳から酒が飲めるらしい。

あれ?そういえばプトゥ…まあいいや(笑)

 

今日は、甥子さんの仕事の話だ。

何が仕事?

「軍隊さ。ナガサキ、ヒロシマBoom Boom Bang!!」

一瞬凍りついた。みんなジョークで笑っている。急いで笑いで一生懸命隠そうとした。

しかし、アルボルは察してしまった。僕の顔をみてアルボルはこう言った。

「日本も俺たちのことを占領したよな」

 

太平洋戦争中、日本は無差別に東南アジアを占領した。

色々とひどいことを行った。たくさんの無実の人が亡くなった。

そのことは今でもインドネシアの人々の記憶に残っている。

返す言葉がなかった。

 

 

歴史の悲劇は受け継がれていく。

過去の傷は簡単には拭えない。世代が代わり、平和が訪れても。

 

 

昨日で分かり合えたと思った自分が愚かだった。

 

彼らの言動は間違っている。それでも責めることができない自分がいた。

 

 

お互いを真に理解するということは過去の過ちを通して相手を思うこと。

「悲劇を背負って前に進もう!!」アルボルの言葉が僕を救ってくれた。

 

原爆の悲劇、戦争の負の遺産、殺戮の過去。

悲しい自分たちの過去の歴史をお互いに伝えていく。

一人の大学生として歴史の再認識を問われる瞬間だった。

「真の平和、真の友情はお互いの過去を振り返り受け入れないと訪れないよ」

と教えられているような気がした。
今日でホームステイが終わる。

 

最後に感謝を込めて

 

Thank you for all the things you did for me.

I was the luckiest men on the face of the Earth.

 

本当にバリの人々に会えてよかった。

2013.09.24

【文責 入江勇樹】