季節について

8月の18日から3週間ほどインドネシアに行った。インドネシアへの渡航は今年で二回目。前回はおよそ半年前の3月初め。日本では、少しずつ暖かくなってきた時期で、シャツ二枚に薄いウインドブレーカーで成田空港に向かったことを覚えている。飛行機内や空港内がえらく寒いため、今回も同じウインドブレーカーをバックに入れてきた。この半年一度も洗っていない。

一年のうちで同じ国に二回も行くことは今までなかったし、インドネシアは一年中あまり温度差がなく、年間の変化は降水量と湿度くらいだったので、入国するときには少し不思議な気分になった。何も真新しい感覚などなく、この半年間ずっとこの島国にいたような気分だった。

前回の渡航で初めて会った、ジャカルタに住むインドネシア人の友人に再び会った。彼らと再会して間もなく、半年合わなかったことが嘘のように、くだらない冗談を言い合い、他の誰にも理解できないインサイドジョークを繰り広げた。

滞在した3週間のうち、はじめ5日と後5日はジャカルタに泊まり、彼らと繁々会っていた。その度に彼らは、前回に会った時期を全く覚えていない、というような返答をしていた。私が前回何月に来たか、何カ月前に来たかなども、覚えていない。私が3月頃だと言っても首をかしげる始末。なんだ、インドネシア人はずぼらで時間の感覚もないのか、などと一度は失礼な推測をしたものの、その後もシャワーを浴びている時に思いだすくらいには気になっていた。

今回の渡航で最後に彼らに会ったレストランで、来年か再来年に日本で再会しようという会話になった。彼らのうち一人はよく日本に来るのだが、もう一人は一度も海外に行ったことがなければ、雪などは見たこともない。雪は見てみたいが寒いのが大の苦手ということで、夏の日本に来ること、そして山登り、川下りを勧めた。その時に私ははっとした。

当たり前のことなのだが、彼らの国には四季がないのだ。彼らは一年の出来事を季節の変化で結びつけることはしない。四季を楽しむ我々は、無意識に、ある出来事が起こった時の気温や湿度、草花の色彩やその芳香、さらには雲の高さや風の質感など、あらゆる季節の顔色を覚えている。そしてそれらを出来事と結び合わせている。

これは、インドネシア人と日本人の記憶力の差ではない。我々日本人の生活、命が季節の顔色と共に成立していることの証明である。そう思うと同時に、この夏の涼しさの香りを全身いっぱいでかぐことに、今の自分を感じる。

【文責 8期 高橋渉】

広告

違和感

アウン=サン=スーチーのイメージしかなかった「あの国」。が、私にとって特別な国の一つになった。
2013年3月6日、モヤモヤと隣り合わせの10日間が始まったのだった。

ミャンマーを歩いていると、どの街にいても一日三回はパゴダに出くわす。
「この※パゴダを見なければ、ミャンマーに来たとは言えないんだ」。と、神妙な面持ちで語る人を一体どれだけ見ただろう。なるほど中を覗いてみると、黄金色に輝くパゴダは歴史を感じさせる。

しかし、しばらく中を歩いていると異様な光景に出くわした。仏像やパコダに電飾がなされていたのだ。まるでクリスマスのイルミネーションかのような飾り付け。私は違和感を覚えずにはいられなかった。

違和感はこれだけではなかった。現地でインタビューをしたときに、
「少数民族のことは今はなんの問題もない」。「難民についても、政府はきちんと受け入れ姿勢を示している」。との答えが。彼らの答えは本心から出たものなのだろうか。私が思っていた問題は現地の人にこう捉えられているのか。

しかし考えてみればたしかに、この国の人々は嘘のように優しい。クシャミをしていれば薬をくれるマーケットのおばちゃん。
いきなり近づいてくる怪しげな日本人に食べ物をくれるお母さん。

本当にこの国が問題を抱えているのか。こんなにものどかな地で、暗い部分を浮き彫りにしようと模索する自分に嫌気がさしはじめていた。やはりなにかがおかしい。彼らの言葉に違和感を感じながらも、今、目の前にあるこの国からは充足感を感じている。

そんなことを考えながら夜道を歩いていると、ライトアップされたパゴダが美しく輝いていた。
しかし、わたしはこの国で、一見美しく見えるものの中に感じたこの違和感を大事にしたいと思った。

きっとこのモヤモヤは、私があくまで外部の人間だということが原因だ。現地に行ったことで、その事実をよりはっきりと突きつけられた気がした。外からの報道という形でしか見えない部分もあるのだと改めて気がついた。

それでも、ミャンマーはもはや私にとって得体の知れない国ではない。だからこそ、この旅はまだまだ完結してはいけないのだと思う

2013.3.7

【文責 松坂くるみ】

注)この記事では国名にミャンマーを使用しておりますが、ビルマとする説もあります。

※パゴダ
ミャンマー様式の仏塔のこと。

疑惑の島

みなさんは、地中海の東側に浮かぶ島、キプロス島という島をご存知でしょうか?

この島は、ヨーロッパでも随一のリゾート地として有名で、地中海の美しいビーチを求めて、夏の休暇になると、多くの人々がこの島に訪れます。

しかし、そのような多くの観光客は、島の北側には足を踏み入れることはありません。

キプロス島は、1960年、イギリスの支配下から抜け出し、独立を果たしました。

元々、この島にはトルコ系キプロス人とギリシャ系キプロス人が住んでいました。
1960年の独立後、二つの民族が住む複合民族国家としてキプロス共和国はスタートしました。
民族構成は80%ギリシャ系で20%トルコ系でした。

初めは仲良く二つの民族が共に暮らしていました。
しかし、権益などに関する両系民族の争いが深刻になるにつれ、キプロス島は不安定な情勢になっていきました。
国連平和維持軍が仲介に入るほどになってしまいました。

そして、1974年、ギリシャ系キプロス人の大型テロにより、キプロス島内で大きな紛争が勃発します。
キプロスのギリシャ併合を強く望むテロ組織EOKAが当時のキプロス政府の中道路線に反対し、各地でテロ行為を行いました。

危険にさらされたトルコ系住民はたまったものではありません。
そこで、トルコ系キプロス人の保護という名目で本土トルコがキプロス島に軍を送ります。
そして、トルコ軍がキプロスの北側を占領してしまいました。

その時から、キプロス島は南北に分断されたままです。
北側にトルコ系住民、南側にギリシャ系住民が住んでいます。

今現在、北キプロスは国として独立を果たそうとしています。
しかし、北キプロスは今でもトルコ軍が支配していることになっているので、トルコ以外の国は北キプロスを国として認めることはありません。

一方、南キプロスは正式に国として認められており、EUに加盟しています。
欧州からの観光客は多く、貿易や投資も盛んです。

従って、南キプロスに来た観光客は北を訪れることはほとんどありません。

このことから、北と南の経済格差は広がる一方です。

南はヨーロッパの街並みが広がっている一方、北は活気がなく廃墟が広がっています。
北キプロスは国際的に孤立を深めるばかりです。

そんな中、2004年に両系住民による国民投票が行われました。
それは国連のプランで、キプロス共和国の統合を目指すものでした。

この際、北のトルコ系キプロス人は統合に対し、賛成が多数でした。
しかし、南のギリシャ系キプロス人は反対が多数でした。
よってこの統合案は可決されず、キプロス島は今でも分断されたままです。

南北の経済格差が広がり、国際的に孤立する北キプロスが今後、東アジアの北朝鮮のような脅威になることも考えられます。
人口が70万人で四国の半分ほどの大きさのこの島で、50年間ほど問題が解決されずにいます。

今回の渡航では島で一体何が起きているのか、両者の食い違う意見、平和を望む彼らの声を自分たちで見、聞き映像に残したいと思います。

実際に現地に行き、分断問題を肌で感じ、それを持ち帰り、ドキュメンタリー映画として、日本で上映します。

トルコ系キプロス人、ギリシャ系キプロス人がそれぞれどのような思いを抱いているのか。”今”キプロス島では何が起きているのか。平和構築のあり方とは。

そのような事を今回のスタディツアーで映像に残せたらと思っています。

【文責 渉外局二年 小長谷謙治】

パシュパティナート

ネパール、パシュパティナート。ネパール最大のヒンドゥー寺院で、観光客が火葬を見学できるところとして有名な場所である。そこで見学した火葬場の様子について書き残したい。

とても濁った川の沿岸に火葬場はある。数人の男たちが白い布で包まれた遺体を運んでくる。遺族らしき真っ白の服を着た人たちによって赤、黄色の粉、花びら、聖水?らしきもの、いろいろなものをふりかけられたそれが、火葬台へと乗せられる。遺体を焼く人が様々な太さと長さの薪をテキパキと組み、徐々に遺体が隠されてゆく。最後に藁がそっとかぶせられ、見える部分は足の先のみとなった。火がつけられブスブスと白い煙が上がり始めた横で遺族が両手で顔を覆って泣いている。とてもつらそうだ。
驚くことにそのすぐ横で楽しそうな笑い声をあげる子ども達がいる。川を泳ぐ孤児たちだ。燃えた後川に流される遺体の遺品を集めて生活しているのだそう。
子供と遺体。
喜びと悲しみ。
生と死。
様々なものが一つの視界のなかに収まって僕は何が何だか分からなくなってしまった。

日本において死について考える機会を持ったことはなかった。日本において死とは悲しく、忌むべきこととして生活から遠ざけられるものだからだ。インドやネパールでは死は身近なものとして日常に存在していた。死について考えても明確な答えは出なかったしそんなものはないのだろう。だがたとえ観光という形であっても死に触れ、考える機会をもつことはきっと必要なのだ。特に日本人には。

体と服にまとわりつくような煙とにおいを回想して僕はそんなことを思ったのだった。

2013.09.27
【文責:渉外局1年 坪井拓斗】

百聞は一見に如かず

飛行機に乗り込んで、ヨルダンという国に旅立つ。

あなたはこの国を知っているだろうか?

残念なことだが、知らないと答える人がほとんどだろう。
この国も世界の中の一つのピース。
それなのにほとんどの”日本人”は
行くこともない、知ることもないのだ。

何も知らないはずなのに
どこかで植え付けられた恐怖の種に
頭の中を上書きされている気がする。
ニュースや新聞から栄養をもらって
思想に深く根付き、簡単にはひっこ抜けない。

長いフライトから解放されて、
少し街を散歩してみる。

はじけるように鳴り出すクラクション。
騒がしい雑踏のど真ん中で
すれ違う人々は笑顔で声をかけてくる。
「Welcome to Jordan!」 「ニーハオ!」 「こんにちは!」
時々間違っているけれど、
かけられる言葉は全て歓迎の気持ちの表れ。
それに応えていくうちに、少し曇っていた
表情と心情は晴れやかになっていった。

シリアの内戦で生み出された難民を
飲み込み続けるこの国は、大事な局面を迎えている。
今、踏み出す一歩は希望への小さな前進か
それとも終わりの始まりなのか。
現状とその未来を、見るため知るためにここに来た。

それなのに私は無意識に警戒していた。
国に、街に、人に、壁を作っていた。
声をたくさんかけてもらって、
笑顔で人と話をしてやっと気がついた。

勉強していたつもりだけれど、
結局何も知らなかった。

自分も”日本人”だったんだなあ。
ふとそう思ったとき、頭の中の根は枯れ
恐怖の種は友好の花に変わった。

2014.03.24
【文責 マネジメント局1年 守屋 和穂】

行ってきます。

「想像出来る」

大学生になって二年。
そんな日々を過ごしていたような気がする。

なんとなく大学生活も馴れてきてアルバイトでお金を稼ぐこともたまに授業を休んでしまうことも覚えてしまったりした。

当たり前のことが当たり前にできることが自然と想像出来てしまっていたのかもしれない。

3月4日から7日間ネパール、11日から10日間インドへ旅立つ。

アジアの最貧国のひとつである ネパール

ヒマラヤで朝日を浴び、ケーブルカー体験し自然を堪能し
チベット難民キャンプ、NGO訪問で国が抱えている諸問題を考え
世界遺産、市内観光でネパールの魅力を知る

多くの人がそのナショナルパワーに魅了される インド

10日間で5都市をまわり、インドを十二分に堪能する
寝台列車や象に乗り移動していく
多文化多民族国家で数多くの宗教が混在するこの国が抱える立場の低い子どもや女性を支援するNGOを二ヶ所訪問する予定

異国での生活はきっと自分に知らない世界を見せてくれるだろう。

何と出逢い、何を見て、何を感じるのだろうか。

いまはまだそれがまったく想像が出来ない。

バックパックには最低限の荷物と期待と不安でいっぱいになってしまった。
旅立ちを応援して背中を押してくれた人の声援も忘れずに背負ってメンバー全員が無事に帰国出来ることを祈り、行ってきます。

【文責 M局 穂積 奈帆】

変化を遂げた牛

なぜヒンドゥー教の最高神の一柱シヴァは、牛というなんとものろまでつまらない動物に乗ったのであろう。

虎など、他に選択肢はなかったのか。
一宗教の最高神が乗る動物としては少し物足りなくはあるまいか。

もしシヴァが乗っていた動物が、虎や象やラクダだったら世界は何か変わっていただろうか。。。

僕にとって宗教なんてそんなものだ。

インドで、僕は日本から来ていると言うと、よく”Buddhist?”と聞かれた。

無宗教です。と答えると変な顔をされる。

逆に彼らに聞いてみると、それぞれの信仰の程度はわからないが、全員が自分の信じる宗教を持っていた。ほとんどがヒンドゥー教であった。

好きなサッカーチームを持っているのと似た感覚であろうか。
その程度でしか僕はわからない。
わからないが、その宗教が理由で人が血を流しあったり、カーストといった制度で一人の人生が決められてしまったりしていることは知っている。

悲惨なことだと思う。

こんなことを思う。
シヴァが牛に乗っていた当時、もしかしたら、牛は俊敏で獰猛であり、逆に虎はのろまで全くかっこ良いと思われていなかったかもしれない。だからシヴァは牛に乗った。しかし、時代が進むに連れ、虎が俊敏になり、牛の能力が衰えていった。動物界は変わったのだ。

以上の話はデタラメで空想の中の話ではある。
しかし、宗教の中の話もデタラメかもしれない。
もちろん宗教の中の話は本当にあったことかもしれない。
それこそ神のみぞ知ることだと思う。

しかし神でない僕でも一つ言えることがある。

時代は時と共に変わっていく。

カーストの元々が成立したのは紀元前13世紀ごろらしい。

形式上はカースト制度は無くなったことになっているが、所々でそれに関連した問題は残っているという。

信仰の自由を保ちながら、大昔の宗教的身分で人生が左右されない社会、国民の意識改革が、経済成長著しいインドで求められるものではないか。時代は進んでいるのだ。

今日もインドでは物乞いの横で牛がモーと鳴いている。

【文責:渉外局一年 小長谷謙治】

「今」が「過去」になる前に

数ヶ月間食事をとっていないと思われるほどガリガリに痩せ細った男性が、力なく横たわった状態でこちらに視線を向けている。

イスラエルにあるヤド・ヴァシェム*に飾られた「過去」の悲惨な光景を写し出した一枚の写真。

私はその写真の前で足を止めた。

―そこに広がる光景に、なぜか見覚えがあった。

* * * * *

ヨルダンの首都アンマン。

この街にはシリア紛争から逃れてきた”シリア難民”と呼ばれる人々が多く住んでいる。

 

紛争が始まってから三年間、メディアに煽られ他国の利害に左右され続けてきた中東、シリアの人々。

―もう疲れた。戦争はやめたい。

そう思ってももう後戻りをすることは出来ない。

あまりに多くの犠牲を払い続けてきてしまったから。

ある人が「家族、親戚、または知人が殺されていない人なんて一人もいない。」と言った。

そして今日も殺し合いは続いている。

 

この紛争で生み出された”難民”の数は過去最大。

ヨルダンに逃れた”難民”の数は約60万人*。

この「60万」という”数字”に置き換えられた一人一人の姿をあなたは想像することが出来るだろうか?

 

ガリガリに痩せ細った腕で赤ちゃんを抱き、力なくこちらに視線を向ける女性。

娘は殺されて妻の行方はわからないと嘆く男性。

おじさんは銃で撃たれて死んだ、と悲しそうな表情を見せる少年。

シリアで負傷して仕事が出来なくなってしまった男性。

学校に通わず一日12時間働いても3JD(約420円)しかもらえないという少年。

 

ある男性は、昨日まで大学の教授をしていた。

またある少女は、昨日まで学校に通っていた。

―昨日までの当たり前が今日も明日も当たり前に続く、とは限らない。

 

良くも悪くも”平和ボケ”した私たちには想像し難いが、全ては「今」世界の裏側で起こっている、現実なのだ。

ヤド・ヴァシェムに飾られた「過去」の写真の数々を見て、「過去」も「今」も変わっていないように思えて仕方なかった。

ガリガリに痩せ細り力なくこちらに視線を向ける写真の中の男性と、痩せ細った腕で赤ちゃんを抱き力なくこちらに視線を向けるシリア難民の女性。

―彼らは何が違うの?「過去」と「今」の間で、何が変わったの?

 

「過去」を”忘れない”ことは大切だ。

しかし世界の裏側で苦しむ人々の「今」に背を向けて、「過去」になってから”忘れない”というのはあまりに無責任ではないだろうか。

 

* * * * *

 

―「今」が「過去」になってしまう前に、私に出来ることって…?

 

私は写真の中から力なくこちらに視線を向ける男性の前からしばらく離れることが出来なかった。

 

*ヤド・ヴァシェム

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによって虐殺された約600万人のユダヤ人を慰霊する目的で建てられた博物館。

 

*ヨルダンに逃れたシリア難民の数、約60万人

正確には587,308人(2014/3/23 UNHCRデータより)

難民登録されたシリア難民の数 2,538,110人

http://data.unhcr.org/syrianrefugees/regional.php

 

2014.03.25
【文責:マネジメント局1年 田中千晴】

“SHAKE SHAKE!”

もちろん振っても意味がないことは知っている。
でも、ただ待っているだけじゃつまらないし
なにが起きているのかわからないから
振ってみる。
魔法をかけるみたいに。
始めは怪訝そうな顔をしていた子供たちもそれが現れた瞬間笑顔がはじける。

今回の旅のため、チェキと100枚のフィルムを買った。
撮ったらすぐに写真が出てくるインスタントカメラだ。
きっかけは去年の物乞いについてのディスカッション。
―物乞いにお金をあげる?あげない?
様々な意見の中に
「何か他のものをあげる」
というのがあった。
たとえば、あめ。チョコレート。そして写真。
その時チェキを持っていこうと思った。

でも、写真なんてもらってくれるのだろうか。
お金なら好きなものが買えるけど、写真じゃ買えない。
お菓子なら少しは腹の足しにはなるけど、写真じゃならない。
単なる自己満足なのか。
どちらにせよ、行ってみなければわからない。

そんな不安があって、最初は撮れなかった。
チトワンに来て、あまりに雄大な自然が私の感覚を良い意味で麻痺させてしまったのか
宿の近くの民家や孤児院に行って、たくさんの写真を撮った。
写真が出てくることに驚き、喜んでくれる彼らを見て私もうれしくなる。
ついに、物乞いの子も笑顔になってくれる。
友達まで呼んでくる。
子供だけじゃない。大人だって喜んでくれる。
ただの目隠しにすぎないかもしれないけれど、
みんなが笑顔になれる魔法の時間だった。

やっぱり、来てみないとわからない。
ただ待ってるだけじゃつまらないし
なにが起きているのかわからないから
旅に出る。
魔法にかかるかもしれない。

【文責 渉外局1年 竹崎奈津子】

ゴミを拾うまで

where’s your favorite city?
(あなたの1番好きな街は?)
こう質問したときに帰ってくる答えで素敵だなと思うのはいつだって、
my city(私の街).
だ。
それが人で埋め尽くされた東京でも、活気あふれるムンバイでも、落ち着いたオレンジ色が美しいプラハでも、閑静なアンマンの住宅街でも、どこでも。
世界にはこんなにもたくさんの美しい街があるのに自分の住む場所を一番に愛せるのは本当に素敵だ、と旅行を重ねるたびに感じる。
 今回訪れたエルサレムでも、その素敵な答えを聞くことができた。
 僕はいろいろな街に行ったよ…アブダビ、アンマン、バグダッド、アレッポ、パリ、ローマ、いろいろ。でも1番はここエルサレムなんだ。
 そう語ってくれたのは仲良くなったケバブ屋の店員さんだった。パレスチナ出身の彼はとても美味しいケバブを作る。多い日は1日に5000シェケル(15万円ほど)以上稼ぐんだ、と得意げに教えてくれた。ピクニックに誘ってくれた彼と共に、旧市街の入り口ダマスカス門にほど近い芝生に寝転がり、気持ち良く晴れた空を見上げつつそんな話をしていた。
 エルサレムは綺麗な都市だ。芝生にはスプリンクラーで水がまかれ、道路はつるつると滑らかで、新市街にはひっきりなしにトラムが行き交う。そんな先進的な都市である一方で、芝生や路上にゴミが目立つ。私たちのいる芝生の周りにも、かなり多いと言える量のゴミが捨ててあり、なぜなのか私は不思議だった。
 その答えはピクニックを終えた時に出た。彼は立ち上がると、持ってきたケバブの入れ物や袋を拾うそぶりもなくさあ行こうと私たちを呼んだ。(だからこの汚さなのか)と心の中で合点がいく。
 ゴミを拾わないのかと尋ねてみると、彼からは予想もしなかった答えが返ってきた。ここはイスラエル政府の支配下だから、と彼はなんでもなさそうに言った。我々は彼らを倒したいからこれでいいのだ、と。
 ゴミを捨てることにそんな意味付けを全てのパレスチナ人がしているとは思わないし、そもそも単にポイ捨てが当たり前になっている節もあるのだろう。
 しかし、さらりとそう言ってのける彼の普段通りの表情に、イスラエルパレスチナ関係の難しさを垣間見た気がした。一人ひとりの日常に浸透した静かな敵意は、過激派の攻撃やデモのような派手さや被害はないにしろ問題の根底を成しているし、その静けさは何よりもこわいものだと思うからだ。
  世界で一番大好きな自分の街にゴミを平気で捨てる、そんな大きな矛盾を起こさせてしまう構造がそこにはあった。しかもそのねじれは60年以上もの間エルサレムの街に居座っているのだ。
  そんなのってあまりにも悲しすぎる。そう思うことしかできなかった。イスラエルパレスチナ問題を全く知らないわけではない。しかし、彼らの敵意はわたしの理解を超えて日常的で、歯磨きをしたりお風呂に入ったりする感覚でそこに存在していた。彼らの抱える問題は深く、広い。そんな当たり前なことさえも、実感としては全くわかっていなかったことに気づかされた。ゴミは拾うものだよ、なんて子どもでもわかることさえ言えないのだ。
  だんだんと日が落ちて、ダマスカス門は夕日に染まりはじめていた。とても綺麗だろう、と彼が私たちに笑いかける。屈託のない笑顔から、彼が本当にこの街を愛していることが伝わってきた。イエスと頷きながら、ゴミを残して芝生を後にした。乳白色の門が明るいオレンジ色に染まった景色は本当に綺麗で、またそう遠くないうちにここを訪れたいと思った。
僕はずっとここでケバブを作っているから、いつでも帰っておいでと彼は言う。次のピクニックでは彼と一緒にゴミを拾って帰れるように願いながら、さよならをいった。
2013.9.20
【文責  広報局二年若杉茜】