2015夏旧ユーゴスラヴィアスタツア

日本人と中国人
ムスリムとユダヤ教徒
イギリス人とアイルランド人

これらの民族たちは今もなお民族対立を抱えている。
他にも世界ではこうした対立から引き起こされた紛争が起き、そして起こるだろう。

セルビア人とアルバニア人という民族を知っているだろうか?
セルビア人は聞いたことがあるかもしれない。
サッカーもそこそこ強い国で日本とも対戦したことがある。
アルバニア人はどうか。
おそらく聞いたことがある人は少ないのではないか。
ではコソボという「国」を知っているだろか、という問いならどうだろう。
これならば聞いたことがある人が多いのではないか。

コソボ
その「国」は1991年に大きな紛争が起きた地であり、日本人の多くはコソボと聞けば「紛争」という言葉を連想する。それだけ大きな戦いがあり、悲惨な事がたくさんおきた。
コソボはもともとセルビアの一部であり、自治州だった。
しかしながら、そこには多くのアルバニア人が住んでいた。
このアルバニア人達が独立を主張し、セルビアがこれを抑圧したことが紛争の発端である。
現在国連111カ国がコソボの独立を承認しているなか、セルビアは依然として自治州という姿勢を崩していない。
正直なところ、こんな文章ではコソボを巡るセルビア人とアルバニア人の関係を語り尽くすことはできない。それくらい状況は複雑すぎる。

私は今年の春と夏、二度にわたってこのコソボという「国」を訪れた。
はじめの頃の私は未熟で、遠慮なしにこの地に土足で踏み込んでいった。
自分で変えることはできないにせよ、いつかはこの対立は終わるものだと思っていた。
コソボはそのイメージとは違い、一見すると紛争の歴史を微塵も感じさせない場所であった。
首都のプリシュティナには整備された道路があり、立派なビルもある。商店はにぎやかで、いつも人で溢れていた。
しかしなぜだろうか。その場所はどこか暗く、どんよりとした空気を纏っていた。
その原因の一旦を垣間みることが出来る場所がある。
ミトロヴィッツァ。相対する二つの感情が交差する町。
この町には橋がただ昔からずっとそこにあったかのように毅然と存在する。
この町の、橋を挟んだ北側にはセルビア人が住んでいる。つまり、この町にはアルバニア人とセルビア人が橋を隔てて住んでいるわけだ。
セルビア人が橋を渡れば、石を投げられ罵声を浴びせられる。少なくとも彼らはそう信じて疑わない。

ミトロヴィッツァでアルバニア人の友達ができた。
彼は強くセルビア人を憎んでいた。
そんな彼に言葉を投げかける。
「アルバニア人のことは大好きだ。みんな親切で陽気で。でもセルビア人も君らと同じように、みんな親切でいい人なんだ。僕は彼らのことも大好きだ。」
すると彼は心底驚いた表情を見せた。
「セルビア人がいい人?それは本当?信じられない。」
彼はそう言った。
私にはあまりにもこの言葉が衝撃だった。
彼は何も知らなかったのだ。
彼は紛争という歴史が生み出した憎しみだけで、セルビア人を見ていたのだった。本当のセルビア人の姿を知らずに。そしてそれは、セルビア人も同じなのだろう。

しかし、私は彼らではない。
紛争を経験したことはないし、友達を、親を、愛する人を殺されたことはない。
そんな私が「過去は水に流して、手を取り合おう。」などと簡単に言っていいのだろうか。

私には言えなかった。

私は絶望している。
民族の対立が消えることは決してなく、私にはどうにもすることはできないと悟ってしまったからだ。
血で血を洗う惨劇が生み出した憎しみは、そう簡単に消えるものではない。
さらに、多くの場合、そこにアイデンティティや民族、国家など、さまざまなモノが絡む。
その極限までに絡まった糸をほどくことは不可能に近い、と私は思う。

ただ、やはり、本当の姿を見なくてはならないと思う。
「仲良しになれ」とは言わない。「水に流せ」とも言わないし、「握手をしよう」とすら言わない。
「本当の姿を知る」。それだけだ。
それを知った結果、憎しみが消えるなど思っていない。対立がなくなるとも期待していない。
「知ること」に目的などいらないと思うのだ。
だからこそ、知ってほしい。
自分の憎しみの矛先にいる相手のことを。
それで何が起こるかが、誰にもわからないとしても。

私は絶望している。
でも、心の本当の奥深くの、本当の隅っこで、いつかセルビア人とアルバニア人が分り合える日がくることを待ち望む自分がいることもまた、真実なのだ。

2015-11-02

【文責:7期広報局 岡勇之介】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中