ネパール、カトマンズからバンで12時間。見渡す限りの大自然の中、延々と続くボコボコの山道を走り続け不安になってきた頃、やっと村に到着した。

ネパールの山奥、緑に囲まれたこの場所の名前はフワス村。
水道もガスも通ってなかったが、人々が自給自足で暮らし、牛やヤギが行き交い、夜は満点の星空に包まれるこの村には都会の喧騒とはかけ離れたゆったりとした時間が流れていた。

そんな村に2泊したのだが、「ナマステ!」と笑顔で歓迎してくれた心優しい村人達と仲良くなるにはあまり時間も言葉もいらなかった。
やんちゃで無邪気な村の子供達とも沢山遊んで仲良くなり、大好きになった。

ある時、荷物を整理している際に鞄からチョコレートが見え、それを見て欲しがる子供がいたので何も考えずに一つあげた。
すると、その様子を見ていた他の子供達も皆「もう一つ欲しい」「何かちょうだい」と人が変わった様にねだり始めた。さらには人の鞄を勝手に漁るまでになってしまった。
そこにはさっきまでの大自然で無邪気に遊ぶ子供達の姿は無く、僕の目にはもはや餌にたかる動物の様に見えてきて恐怖すら感じた。

そしてこの頃になってやっと僕は自分の犯した事の重大さに気付いた。それまで子供達はフワス村での生活を受け入れて来たのに、たった一つチョコレートをあげたことで物欲を一気に目覚めさせてしまったのだ。
このままでは自分で苦労して生活することに馬鹿馬鹿しくなり、ただただ楽に物を貰おうとするダメな人間になっていってしまうと思った。

これは一個人にだけでなく、もっと大きな視点でも言えると思う。
貧しい国に支援物資を送る活動がよくあるが、単純に完成品を送り続けた場合、貰う側の人間は延々に受け取り続けるだけで自分で働こうとはしないだろう。
そしてどんどん物欲にまみれることでむしろ治安も悪化してしまうかもしれない。
支援するなら完成品では無く作り方や技術を教えなければ本当にその国を救う事にはならないのだろうと感じた。

これらの事は頭では分かってたつもりだったが、実際に体験すると衝撃的だった。
またこの先何が起こるかは分からないが、体験した出来事の奥を考えられるようにしてこれからの旅を続けたい。

2013.09.16
【文責:イベント局1年 大矢駿介】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中