青い街の時間

ジョードプルはのんびりとした街だ。宿の屋上には心地よい風が吹き、日差しが差し込む。路地では子供が無邪気に遊ぶ一方で、大人はぼーっと外を眺めている。そしてこの街を見下ろすように、崖の上一帯にメヘランガール城塞がそびえている。

私たちはこのメヘランガール城塞へ向かうために、宿から続く路地を進んでいた。コンクリートで造られた、中東風の建物によって構成されているこの路地は迷路のように入り組んでいる。写真を撮ってとせがんでくる子供たちの相手をしながら、石畳の坂道を抜けると、城塞のふもとへと辿り着いた。

インド人が50ルピーを払うのを横目に、観光客価格の400ルピーを支払って城塞の中へ入ると、レンガ造りの大きな門が待ち構えている。城塞としての重厚感や、そこに施された装飾はとても美しい。それでもここで最も惹きつけられたものは最上階から眺めるジョードプルの景色だった。城塞の置かれている崖の上にはどこまでも続くような城壁が張り巡らされ、崖の下にはジョードプルの街並みが広がっている。高いところから眺めると改めてジョードプルがブルーシティと呼ばれる理由がわかる。密集した建物の多くが青く塗られ、辺り一面が青く染まっているように見える。青という色は心を落ち着かせるらしく、何時間でもここに居座りたいという気持ちにさせる。

城塞をでると、もう夕暮れの時間になっていた。夕焼けに照らされた城壁に座りながら日が沈むのをゆっくりと眺める。いつの間にか辺りから私たち以外の人は消えている。ふと、こうして夕焼けをじっくりと見る時間というのも久しぶりだなと思う。思えばジョードプルではゆっくりと時間が流れていた気がした。それがこの街の気候によるものなのか、それとも人々によるものなのかはわからない。それでも、この街が好きだということははっきりと言える。

太陽は時間が経つにつれて沈む速度を上げ、青い街のある地平線へと沈んでいった。

 

【文責:9期 中村陸生】

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中